CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 呼吸を止めたマザーレイク。「異常」で片付けるべきではない水と温度の奇妙な関係・・・地球は生きている!まさにそれを知る現象では? | main | 恩讐を超え、敵対人物に会う勇気 「角栄流」上司の心得・・・これは上司と部下だけでなく、広くどのような人間関係にも通じる心得だ! >>
兵庫・明石の公立中で授業数不足 数年間行事など理由に・・・全国の中学校長はこれを聞くと真っ青になるのでは?
0
    兵庫・明石の公立中で授業数不足 数年間行事など理由に 4/11(木) 5:30配信 朝日新聞デジタル  兵庫県明石市の半数以上の市立中学校で、総授業時数が文部科学省の定めた標準より少ない状態が続いていたことが、同市教育委員会などへの取材で分かった。市教委によると、学校は「標準時間を満たしている」と報告していたが、実際には学校行事や生徒会活動などに時間をあてた結果、授業時間が足りていなかったという。市教委は校長らを厳重注意し、生徒に謝罪して保護者会で説明するよう求めている。  文科省は学習指導要領に基づいて教科ごとの標準時数を決めており、中学校の場合の総授業時数は各学年で1015時間となる。病気や災害などでの学級閉鎖などがない限り、下回ることは想定されていないが、明石市教委によると13校の市立中のうち2017年度には12校で、18年度には8校で数時間から数十時間、足りない学年があった。  市教委によると、授業時数の不足は朝日新聞の取材や兵庫県教委の問い合わせなどの結果、3月末に判明した。各校は市教委の指示を受け、行事やその準備の時間などのうち、「教科の学習内容に当たる」と判断できる時間を洗い出し、各教科の授業として「読み替え」をしたが、それでも多くの学校では標準時数に達しなかった。  各校は「教科書の内容は教えている」と判断し、補習はしないという。市教委もこれを認めたが、4日にあった中学校長会で、生徒と保護者に状況を説明して謝罪するよう求め、授業内容が理解できていない生徒がいれば、個別に指導するよう促した。 . 朝日新聞社 【関連記事】 「家族と安定がほしい」心を病み、女性研究者は力尽きた 読み聞かせ=頭良くなる? 「ドリルの呪縛」からの解放 「模試A判定でも不合格次々」 首都圏の私大入試、混乱 黒のスーツが染めた入学式 ICU学生部長感じた違和感 母につけられた包丁の傷痕 「ブタ以下だ」絶望の先に 最終更新:4/11(木) 5:30 朝日新聞デジタル
    | - | 20:24 | comments(0) | - |