CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 男性が落雷後に死亡 友人と登山、雨宿りで木の下に移動・・・雷雨での「木の下に避難」は最悪です! | main | 猫の「にゃー」は江戸時代以降、平安時代は「ねんねん」だった・・・「ミヤウミヤウ」くらいの異文化の感じ!! >>
昭和以来の「普通科」見直し=特色重視で細分化−高校抜本改革が始動・・・かといって、実質「予備校化」では困る!!
0
    昭和以来の「普通科」見直し=特色重視で細分化−高校抜本改革が始動 5/6(月) 7:19配信 時事通信  進学率が約99%とほぼ「全入」の高校。  その教育内容や制度の抜本見直しが本格的に始まる。最大の焦点は、戦後新制高校が発足して以来手付かずだった「普通科」の改革。生徒がより目的意識を持って学べるよう「理数重視」や「地域人材育成」など学校の特色に応じた細分化が進む見込みだ。  高校には普通科と、農業や工業など専門教育を行う専門学科がある。1994年には普通教育と専門教育から幅広く選べる総合学科も創設。現在は約7割の生徒が普通科に在籍している。  今の高校教育について自民党の教育再生実行本部・高校の充実に関する特命チームの義家弘介主査は「完全に昭和の体制」と、早急な見直しを訴える。特に普通科は教育内容が画一的で、生徒も「学びたいものではなく、成績や内申点で行ける学校を選んでいる」(義家氏)。  改革の背景には高校生の学習時間や意欲の低下への危機感がある。2001年に生まれた子どもを対象に文部科学省などが行っている調査で、校外での学習時間を聞いたところ、平日「しない」と答えたのが中学1年では9.3%だったのに対し、高校1年になると25.4%に上った。「学校の勉強は将来とても役に立つと思う」と回答したのは中1の37.7%から、高1は27.4%に下がった。  自民党特命チームと政府の教育再生実行会議は今月、高校改革の提言をまとめる。同党の議論では普通科廃止も浮上したが、社会で一般的に必要な教育を行う学科の枠組みは残す。その上で「サイエンスを重視する」「地域人材育成を目指す」など特色に応じて類型化し、普通科を細分する。  文科省は、普通科の細分化に向けて、高校設置基準を見直す方針。提言を受けた後、中央教育審議会(文科相の諮問機関)で具体的な類型を議論し、まとまり次第基準を改正したい考えだ。その後は、新たな普通科の教育課程や教科書、教員の在り方を検討する。  高校改革の議論では、文系大学に進学する高校生の割合が高く、「受験のために理系教科を早々に諦める生徒が多い」(義家氏)という課題もあるため、文系理系をバランスよく学ぶ仕組みもテーマとなる。  . 【関連記事】 「人の税金で大学に」=東大出身市長に−麻生財務相 小学校教諭を懲戒免職=女子児童9人にわいせつ行為 小学校教諭を懲戒免職=女子児童にわいせつ行為−山形県教委 給付型奨学金、最大年91万円=現行制度から倍増へ−文科省 米名門大で大規模「裏口入学」=親の女優ら50人訴追 最終更新:5/6(月) 16:29 時事通信
    | - | 19:33 | comments(0) | - |