CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 猫の「にゃー」は江戸時代以降、平安時代は「ねんねん」だった・・・「ミヤウミヤウ」くらいの異文化の感じ!! | main | 「お友達は日本だけ」? 米軍の地位協定、日本と欧州ではこんなに違う・・・・いわば日本はアメリカの「植民地」のようなものですからね!! >>
【愛媛から伝えたい】ダムに殺されたのか? 「千年豪雨時代」に生まれ変わるダム・・・ダム無用論に攻め込まれる弱点を補う良案の方法か?
0
    【愛媛から伝えたい】ダムに殺されたのか? 「千年豪雨時代」に生まれ変わるダム 5/7(火) 16:15配信  西日本豪雨から間もなく1年。愛媛県では、野村ダム(西予市)と鹿野川ダム(大洲市)の緊急放流で肱川が大氾濫を起こし、ダムの下流域である西予市と大洲市で計8人が死亡しました。ダムの緊急放流と下流域の浸水被害との関連が、今なお住民の大きな心の重荷になっています。被害1か月後の住民説明会では「ダムに殺された」との悲痛な訴えも聞かれたほどです。ダムは本当に住民被害の“加害者”だったのでしょうか?  一方でダムも地球規模での気象変化に対応する形で、構造そのものも変わろうとしています。愛媛県のダムに「トンネル洪水吐(こうずいばき)」と呼ばれる全国で初めての施設が完成し、今年の雨季に備えています。 愛媛県の鹿野川ダムに全国で初めて建設された「トンネル洪水吐」  専門家の分析の結果、西日本豪雨は愛媛県に千年に一度の豪雨をもたらしたことが判りました。「過去」を検証し、その教訓を「未来」へとつなぐために──。愛媛県で始まった『千年豪雨時代に生きる』ための新たな備えや試みを地元メディアである南海放送が伝えます。 「野村ダム」と「鹿野川ダム」、そして肱川の位置関係 “肘”のように曲がった“暴れ者”「肱川」  愛媛県西予市と大洲市にまたがる肱川は、上流に野村ダム、下流に鹿野川ダムの2つのダムを持ちます。  肱川は、歴史的に流域の住民を苦しめ続けてきました。肱川流域で洪水が多い理由の1つは、その地形です。盆地で、小さな河川の水流が肱川に集中して流れ込み、“肘”のように大きく弯曲した肱川の形状は、その川幅の狭さも手伝って氾濫しやすい性質を持ち、平成7年に大規模な洪水被害をもたらした他、平成16年、平成17年、平成23年と度々、流域で浸水被害を生みました。  そして去年の7月、千年に一度と言われる豪雨災害「西日本豪雨」が、肱川を襲ったのです。 鹿野川ダム下流域の大洲市が水に浸かった様子 安全基準値の6倍の放流  雨が続いたため、野村ダムへの流入量が7月7日未明から徐々に増え始め、午前7時40分にピークの1942トンに達しました。一方、放流量は流入量に“耐える”形で、下流域が安全とされる毎秒300トン前後で操作されていました。しかし午前6時20分、ダムが満水に近づいたため、「異常洪水時防災操作」に踏み切り、その結果、ピーク時の午前7時50分には安全基準値の約6倍にあたる毎秒1797トンが放流されました。 次ページは:町のシンボルが“水没” 【愛媛から伝えたい】ダムに殺されたのか? 「千年豪雨時代」に生まれ変わるダム 5/7(火) 16:15配信 野村町の“シンボル”乙亥会館が洪水に襲われた画像(視聴者提供) 町のシンボルが“水没”  浸水被害の象徴として愛媛県民の目に焼き付いて離れないのが、野村ダムの下流3キロの地点にある乙亥会館が、屋根付近まで水に浸かった映像です。野村町は相撲の盛んな地域で、毎年、大相撲の力士を招いて開かれる「乙亥相撲」の会場である乙亥会館は町のシンボルであり、誇りでもありました。 大洲市が洪水で水に浸かった画像(提供・大洲市) 8人が「ダムに殺された」  影響は、野村ダムから18キロ下流にある鹿野川ダムにも及びました。鹿野川ダムでも午前7時35分から「異常洪水時防災操作」を実施。その結果、肱川が氾濫を起こし、下流域の大洲市でも農地や商店街など広い範囲が水に浸かり、西予市と大洲市の2市合わせて8人が亡くなりました。 西日本豪雨一ヶ月後に開催された住民説明会 住民の怒り爆発  遺族の多くは「ダムに殺された」と感じています。豪雨の1か月後に開かれた住民説明会で野村ダムを操作する側は、「操作規則に基づいた放流だった。ダムへの水の流入に対し、下流域の安全を考えつつ段階的に量を調節しながら放流を行うが、今回は豪雨が想定を超えたため、流入量に放流量を“すりつける”『異常洪水時防災操作』に踏み切らざるを得なかった」と説明しました。 西日本豪雨一ヶ月後に開催された住民説明会  野村ダム管理所の川西浩二所長は「想定外の雨量で大規模な被害に至ってしまった」と無念さをにじませましたが、「殺人だ!」と住民の怒りが爆発しました。母親を失った女性は、「もう少し早く、せめて1時間半でも2時間でも早く知らせてくれていたら……」と話し、夫を亡くしたある女性は「避難指示から緊急放流を始めるまで、1時間10分しかなく、時間がなさすぎる。夫は6倍もの水が流されるなんて、全く知らずに死んだ。これが一番の原因じゃないでしょうか」と声を詰まらせました。「ダムがあるから安心して水位が保てると思っていたが、あれほど大量に流すとは思わなかった。水位が上がるのは怖かった」と話す住民も。  同様に、行政の危機管理に対しても、疑問の声が相次ぎました。西予市の管家一夫市長は「大きな反省点だと思っている。避難指示を出す時に防災行政無線でサイレンを鳴らすとか、内容も『緊急で逃げて下さい』にするなど、今後、改善に努めたい」と説明し、頭を下げて謝罪しました。 次ページは:はたしてダムは悪者なのか 愛媛から伝えたい】ダムに殺されたのか? 「千年豪雨時代」に生まれ変わるダム 5/7(火) 16:15配信 ダム管理に詳しい東京大学大学院の松尾一郎客員教授 はたしてダムは悪者なのか  ダムへの批判や不信感。やはりダムは悪者なのでしょうか。 「これは野村ダムで観測された雨量のデータなんですね」  ダム管理に詳しい東京大学の松尾一郎客員教授が、野村ダムに設置された雨量計の過去のデータを基に今回の雨の確率を弾き出しました。その結果、「7月6日、7日の2日間の総雨量は484ミリ。確率評価すると、1151年という数値」が見出されました。「つまり、その意味では『千年災害の時代の到来』だと思う」と松尾客員教授は言います。 野村ダムの有無、それぞれの場合で比較した洪水被害のシミュレーション 「私たちも変わらないといけない」  実は、松尾客員教授が行った西日本豪雨時のシミュレーションでは、ダムの効果で河川の氾濫を約1時間、遅らせることができたとの結果が出ています。「逃げる時間を稼げたということは、ダムの効果と言って間違いないと思う」  ダムがあることで「逃げる時間を稼げた」ものの、想像以上の雨量にダムが耐え切れず限界に達し、安全基準値の約6倍もの放流をせざるをえなかったのが実情。「地球の自然は間違いなく変わってきている。自然も変わっているんだから、私たちも変わらないといけない」と松尾氏は警鐘を鳴らしました。 鹿野川ダムの「トンネル洪水吐」 生まれ変わるダム  こうした地球規模の気象変化に対応すべく、ダムも「変わらないといけない」と新たな一歩を踏み出しました。期待されるのが、鹿野川ダムのトンネル洪水吐(こうずいばき)です。西日本豪雨には、わずかに間に合いませんでしたが、国土交通省が487億円と13年をかけて建設し、このほど完成しました。全国で初めての施設です。 「トンネル洪水吐」構造図(鹿野川ダム改造事業の説明書より抜粋) 洪水吐でダムの低部の水を“抜く”   構造としては、ダムの側面からダム堰堤を迂回して、バイパス状のトンネルを掘ります。円形のトンネルの直径は、11.5メートル。ダム堰堤の放水ゲートは高い位置にありますが、トンネル洪水吐は約5メールも低い位置にあるため、早い時期からの放水が可能になり、洪水調節機能が高まります。 「トンネル洪水吐」完成後の洪水調節容量の増強(説明書より抜粋) 「洪水を迎え撃つ」  つまり、ダムの低部から水を抜いてダムの“空きスペース(容量)”を作っておき、将来の豪雨の流入に備え、「洪水を迎え撃つ」(鹿野川ダム関係者)のです。トンネル洪水吐の完成で、鹿野川ダムの洪水調節容量は従来の1,650万トンから2,390万トン。つまり、約1.4倍に増強されます。 次ページは:浸水被害軽減、5年後にはゼロ目指す 【愛媛から伝えたい】ダムに殺されたのか? 「千年豪雨時代」に生まれ変わるダム 5/7(火) 16:15配信 鹿野川ダムの「トンネル洪水吐」(遠景) 浸水被害軽減、5年後にはゼロ目指す  西日本豪雨クラスの豪雨に再び襲われた場合、この増強では、浸水被害をまったくゼロにすることはできませんが、大幅に被害を軽減することができるようになります。さらに5年後には下流域の堤防の整備などと合わせて、ダムの操作ルールを変更することで浸水被害をなくすことを目指しています。肱川流域では今後、住民説明会や関係省庁との調整を経て今年の梅雨までに、トンネル洪水吐の運用を開始する予定です。 ダムと共存、今後の課題は  あと1か月で西日本豪雨災害後、初めての梅雨を迎えます。再びあのような被害を出さないため、避難指示のタイミングや、ダム放流についての理解や伝達の方法、効果的なマスコミ広報など、より重層的な対応が課題となっています。 ダムと共存する。『千年豪雨時代』を迎えた今、ダムの効果には限界があることを改めて認識し、“逃げる”ことの大切さにもう一度、目を向ける必要があると考えます。 ◇この記事は南海放送とYahoo!ニュースによる連携企画記事です。西日本豪雨の被害の実情と復興の過程を、地元メディアの目線から伝えます。 最終更新:5/7(火) 16:49 南海放送
    | - | 21:34 | comments(0) | - |