CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 景気動向指数「悪化」へ引き下げ 6年2カ月ぶり 中国経済の減速響く、、、ここ数年ずっと下降線をだましだましできたがついに‼ | main | 縄文人のすべての遺伝情報が初めて解読される、、、それぞれが、同時存在して、そして交わったのだろうな! >>
ノルウェーで見つかったと話題の「軍用イルカ」とは? その任務は?・・・軍事に賢い動物を使う?どうなんだろうか?
0
    ノルウェーで見つかったと話題の「軍用イルカ」とは? その任務は? 5/12(日) 16:30配信 ペルシャ湾での演習中、Kドッグという名の訓練されたハンドウイルカが海水から飛び上がる。(Photograph by PETTY OFFICER FIRST CLASS BRIAN AHO, U.S. NAVY) 不審なハーネス、ロシア軍に所属か  2019年4月、ノルウェーの小さな町の沖合で、シロイルカ(ベルーガ)が漁船に近づき、ロープを引っ張った。このイルカに、人々は疑念を抱いた。英ガーディアン紙によると、そのシロイルカはカメラを装着できるようなハーネスを身に着けており、そこには「サンクトペテルブルクの装備」と刻印されていたというのだ。 ギャラリー:近い! 優雅で楽しげなイルカたち 写真10点  これはクジラ・イルカ類を訓練して作戦に用いる、ロシアの軍事プログラムの一部ではないかと、海洋専門家は示唆している。奇妙に聞こえるかもしれないが、前代未聞の話ではない。  2017年にロシアの国営テレビ局が報じたところによると、同国はシロイルカやハンドウイルカ、数種のアザラシを使って、海軍基地への入り口を守り、ダイバーを助け、場合によっては領海への侵入者を殺すための実験を行っていたという。しかし、冷たい極地の海で長期間泳ぐことが病気を誘発することが明らかになり、シロイルカはプログラムから外された。  2014年のクリミア危機の際は、ロシア軍がウクライナ軍の「ハンドウイルカ部隊」を接収したとの報道があった。ウクライナの軍用イルカは、水中の機雷や制限水路に入ろうとする好ましくないダイバー、遊泳者を発見して目印を付けるよう訓練されていたと、当時、ロシアの通信社は伝えている。  米国の海軍も、同様のプログラムを1960年代から続けている。これらの動物は深い海中や濁った水の中で目標を感知し発見する能力があり、今のところ人工の技術ではまねができないため、軍にとってはとても有用なものとなっている。  米海軍はカリフォルニアアシカ、ハンドウイルカなどの海洋哺乳類を訓練して、海で紛失した装備品を探して回収させたり、制限海域に泳いで入ろうとする侵入者を発見させたりしている。海底に埋められたり、錨でつながれて海中を浮遊していたりする機雷を探知するのにもイルカを利用している。 人間ではかなわない 「機雷探知にかけては、ハンドウイルカはどんな機械より優秀だ」と話すのは、米ハワイ大学の研究所で海洋哺乳類調査プログラムを率いているポール・ナハティガル氏だ。探知の速さも、イルカが機械を大きく上回る。  ナハティガル氏によれば、イルカの利用が特に効果的なのは海岸近くだという。航行する船に波がぶつかって雑音が多く発生するため、機械によるシステムではいくつもの異なる信号に対処しきれなくなることがあるが、イルカは聞き分けられるのだ。  これは、イルカのソナーが非常に巧みに調整されているためだと同氏は説明する。イルカやその類縁にあるシャチなどは、いくつかの音を連続して出す。音が周囲の物体に当たって跳ね返った反響を受信し、それによって周囲に何があるかを把握する。エコーロケーション(反響定位)として知られる能力だ。  ナハティガル氏が1990年代半ばに行った実験では、飼育されているBJという名のハンドウイルカが鋭敏な能力を証明した。ナハティガル氏はBJに、ステンレス、真ちゅう、アルミニウムの異なる金属でできた円筒を区別するよう命じた。10センチの円筒は深さ約60センチの泥の中に埋めてあったにもかかわらず、BJは課題を難なくこなした。  なぜイルカにこのようなことが可能なのか、研究者らはまだ解明できていないとナハティガル氏は話す。にもかかわらず、このテーマは数十年にわたって軍や民間の科学者の注目を集めているのだ。 ノルウェーで見つかったと話題の「軍用イルカ」とは? その任務は? 5/12(日) 16:30配信 紛失物を探し出すアシカ  カリフォルニアアシカはソナー能力こそないが、視力が非常によい。ナハティガル氏は、紛失した装備品など、「その場所に本来ないはずの物を見つけるのがとても上手だ」と話す。  米海軍は、訓練に使う機雷など、テスト用の兵器を探して回収させるのにカリフォルニアアシカを活用している。訓練士は固定用の器具をアシカの口にくわえさせて海へと送り出す。アシカが目標物を見つけて器具を取り付けると、海上のボートにいる訓練士がそれを回収できる。  2011年にカリフォルニア州のサンディエゴ湾で行われたメディア向けの実演では、米海軍特殊部隊の元隊員が、起爆装置のない機雷を持って港への潜入を試みた。海軍はイルカとアシカにその海域をパトロールさせ、いずれも潜入したダイバーを5回中全て捕らえた。中でもアシカは固定具をダイバーの脚に取り付けることに成功し、ボート上の訓練士が魚釣りのようにリールを巻いてダイバーを引き上げた。  カリフォルニアアシカもハンドウイルカも実に賢く、訓練次第で多くのことを習得できるとナハティガル氏は話す。加えて、アシカは陸にも上がれるという強みがある。米海軍は当初、オキゴンドウやシロイルカといった他の海洋哺乳類の利用も検討していたが、水陸両用という点でアシカが選ばれたとしている。 ※ この記事は、2014年4月4日に公開した記事に最新情報を追加したものです(編集部) 文=Jane J. Lee • 前へ • 1 • 2 • 次へ 2/2ページ 【関連記事】 • ギャラリー:戦闘を学ぶウクライナの子供たち、写真14点 • 【動画】アシカが突然、少女を海に引き込んだ • イルカが言葉を覚えた!(動画有) • 戦場で兵士を守る犬たち • 【動画】「手」つなぎ「名前」呼びあうオスイルカ 最終更新:5/12(日) 16:30 ナショナル ジオグラフィック日本版
    | - | 16:56 | comments(0) | - |