CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 世界遺産 古代国家形成の象徴 巨大権力を国内外に誇・・・「・・・の墓ではないか?」と不確定なことを言わせているのは何が原因か? | main | 藤井裕久元財務相「空気に流されると戦争になる」、、、たまには、こんな論説を丁寧に読まないと‼ >>
なぜこの県で事故が多発? 県別交通事故発生件数ランキングワースト5、、、どこでも起こりうる‼が、しかし、、、
0
    なぜこの県で事故が多発? 県別交通事故発生件数ランキングワースト5 5/15(水) 7:10 Yahoo!ニュース 6 交通事故は日本全国で毎日約1200件起こっている 交通事故のイメージ  クルマを運転していれば、誰もが避けて通れない問題が交通事故です。2017年に全国で起きた交通事故は47万2165件でしたが、2018年には43万601件まで減少しました。しかし、ここまで減少しても、1年の365日で割ってみると、毎日約1200件も事故が起きていることになります。 これはエグい。色々な事故の画像(6枚)  事故が起きる要因はさまざまですが、じつは全ての都道府県で均等に事故が起こっているわけではありません。道路事情、交通事情、県民性などの違いにより、発生件数は県によって大きな差があります。  それでは、実際にどの県の交通事故発生率が高いのでしょうか。警視庁交通局がまとめた、47都道府県を対象とする「交通事故件数」に基づいて集計した地域別事故発生件数ランキングを紹介します。2016年度の調査によると、交通事故が多い都道府県上位5位は以下の通りでした。 ■5位:静岡県 3万1545件  富士山という一大観光地がある静岡県。首都圏から手軽に行ける観光名所が数多く存在することもあり、クルマの交通量も常に多い県です。また、静岡県は東京をはじめとする関東圏と、大阪・京都などの関西圏を結ぶ交通の重要なエリアです。そのため、東名高速道路や新東名高速道路をはじめとした主要幹線道路が多く通ります。  幹線道路を走るクルマは一般道路よりスピードを出しやすく、トラックやバスなども多く走るため、一度事故が起きると大規模なものになってしまいます。 ■4位:東京都 3万2489件  東京都は人口と人口密度が共に日本一です。またクルマの保有台数でも全国トップ3に入ります。乗用車の台数が多いことに加え、トラックやバス、タクシーなども非常に多く走っているので、都内の道路は慢性的に渋滞が起きやすく、交差点も多いのでクルマ同士が交差する機会が非常に多いのです。  さらに首都ということもあり、必然的に全国各地からクルマが集まってきます。東京都の交通事故発生件数の多さは、それらの要因が招く結果といえるでしょう。 ■3位:福岡県 3万7225件  意外ですが、九州の主要都市がある福岡県が交通事故ワーストランキング第3位です。福岡県の特徴のひとつとして挙げられるのは飲酒運転の多さがあります。福岡県の飲酒運転による事故発生数は、2010年に「全国ワースト1」になったこともあります。  そのため、福岡県警察では飲酒運転の撲滅に向けてさまざまな取り組みを行い、その成果が表れはじめています。2012年には年間200件を下回り、2018年には144件にまで下がり、年々減少傾向にあります。 ■2位:大阪府 3万7928件  大阪府は東京都に次ぎ日本で2番目に大きな都市として知られています。事故の多さの背景には、東京都と同様、都会ならではのクルマの多さと密度の高さが挙げられるでしょう。  事故発生ランキングとしては2位の大阪府ですが、交通事故による死者数は減少傾向にあり、2016年の交通事故死者数は統計史上最少となりました。今後、自転車走行区間など通行ルールの整備も進む予定であり、さらなる死者数の減少が期待されています。 ■1位:愛知県 4万1554件  愛知県は全国ワースト1位の不名誉な記録を16年連続で更新していることで有名です。愛知県は日本を代表する自動車メーカーであるトヨタの本社を構え、そのうえ日本で最も乗用車の保有台数が多い県でもあります。  自動車の保有台数が多くなれば交通事故が発生する確率が高まるのは当然で、愛知県は交通違反者件数が全国ワースト5位になったことがあります。また、車線を無視したりウインカーを出さないで曲がるような走り方を「名古屋走り」とメディアに皮肉られ、交通マナーが悪い県というイメージが定着しています。  ※ ※ ※  クルマは人が運転している以上、交通事故を0にすることは難しいのかもしれません。しかし、全ての人が交通ルールや事故発生状況などを把握して、安全運転を心掛ければ減らしていくことが可能です。  交通事故の発生件数は、2000年から2006年ごろをピークに年々減少傾向が続いていますし、クルマの安全機能も年々性能が上がっていることから、これからも徐々に減少していく傾向にあると予想されます。  事故のない世の中を作るために私たちができることといえば、交通ルールを守ることと、他車や歩行者に対して常に優しい運転をすることです。みんながそれを心がければ、これからもっと交通事故が少ない社会になっていくはずです。 成田カナコ 関連記事 なぜ多い? 煽り運転のきっかけ「通せんぼ走行」 高速追い越し車線で法定速度走行はNG? 「ハイオク」「レギュラー」違いは燃えにくさ 入れ間違いで起こるトラブルとは? 「サンキューハザード」は違反? 危険を知らせるランプの挨拶行為 子どもを事故から守る 遊びながら交通ルールが学べる「交通公園」とは 渋滞回避どうする? GWの高速道路を上手に走るための5つのコツ 最終更新:5/15(水) 7:10 くるまのニュース (c) 株式会社メディア・ヴァーグ
    | - | 07:27 | comments(0) | - |