CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 【特集】「治療の妨害をしないで」 完治9割以上のがん治療が急きょ受診できず 病院でいったい何が?、、、すごい話??? | main | ファーウェイ排除、影響懸念=米制裁、情報収集急ぐ−日本企業・・・気がつくと、電子機器の40%近くに中国製が入り込んでいるようで、これは改めて意識すべきことでしょう! >>
安倍首相、試される仲介役=米イランの衝突回避へ・・・残念ながらこの大役は・・・?
0
    ★「彼の外交は本来の「外交」ではなくて、札束を持ってODAを約束させるいわば「商売夫婦海外旅行」です。しかもこれに莫大な国費を使っています。国民の中には明日の生活も苦しいと思う人達が40%もいるのに。そして、アメリカのトランプさんには、国内の大企業の利益確保のために、軍備やその他の巨大出費を約束します。これは「外交」ではなく、外国に対する「奴隷出願」に近い国民裏切り行為と言うべきです。」と、まあ、ここまで言う人もいます。当たっていますね!国際的な仲介は、双方に「尊敬」されていることが大前提です。かれのそんな能力には?がつきそうです。仲介には、金をばらまいてごまかすことはできません。保守政党の中にはもっとすばらしい的確な能力を持っている人はいると思いますよ。そのような人材を活用せずに、自分がしゃしゃり出て、結果、世界で恥をかいて帰って来る。もういい加減にそれはやめてほしいと思います。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 安倍首相、試される仲介役=米イランの衝突回避へ 5/16(木) 19:17配信 時事通信 安倍首相、試される仲介役=米イランの衝突回避へ 首相官邸に入る安倍晋三首相=16日、東京・永田町  安倍晋三首相は16日、イランのザリフ外相と首相官邸で会談し、米国との軍事的緊張が高まっていることへの懸念を伝え、衝突回避に向けた対応を促した。 〔写真特集〕イランの軍事力  米国と同盟を結ぶ日本は、イランとも伝統的に友好関係にある。25日からのトランプ米大統領の来日では、両国の緊張緩和に向けて仲介役を果たせるかが試されそうだ。  「中東情勢をめぐる状況が大変緊迫化していることを懸念している」。首相はザリフ氏との会談でこう指摘し、米国を刺激するような言動は自制するよう求めた。  イランを敵視し、経済制裁を科すトランプ政権は今月、空母打撃群や戦略爆撃機を中東に派遣し圧力を強化した。イランは対抗措置として、英独仏などとまとめたイラン核合意の義務履行の一部停止を表明。原油輸送の要衝であるホルムズ海峡の封鎖も示唆した。  会談で首相は、核合意を支持する立場を改めて伝え、イランが合意履行を継続するよう要請した。ザリフ氏は、イランとして核合意から離脱する意思はないことを説明した。  ザリフ氏は15日に急きょ日本を訪れた。トランプ氏来訪を控える日本に、関係改善への橋渡しを期待しているとみられ、日本政府関係者も「イランの考えを首相からトランプ氏に説明してほしいのだろう」と話した。27日の日米首脳会談では、イラン問題が焦点の一つになる可能性がある。  . 【関連記事】 トランプ米大統領は強硬路線に不満=対イラン、ボルトン氏推進−米紙 イラン脅威「信ぴょう性高い」=米長官代行、空母派遣で サウジ、イエメンへ報復空爆=送油管攻撃「イランの命令」 イラン観光地、悲鳴=制裁や通貨暴落で「収入激減」 【図解】イランの主な核関連施設 最終更新:5/17(金) 8:17 時事通信 . こんな記事も読まれています
    | - | 09:02 | comments(0) | - |