CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 国有林、過剰伐採の恐れ 民間開放拡大 法改正案衆院委可決・・・今までの厳しい管理運営はいずこへ? | main | うどん自販機、社長の最後の一台 調理も修理も職人芸・・・昔これをいただきたかったが果たせず。是非試食したい!! >>
どうすれば虐待死を防げるのか 模索続く国・自治体・・・「人心がすさむ」のは全て国家を預かる人間達の責任ですが、さりとて、政治や教育や行政に期待できないとなれば、他の方法を考えないといけません。専門家の最良の提案を待つしかないのか!
0
    どうすれば虐待死を防げるのか 模索続く国・自治体 5/16(木) 20:26配信 産経新聞 どうすれば虐待死を防げるのか 模索続く国・自治体 栗原なぎさ被告の初公判の傍聴券を求め、列を作る人たち=16日、千葉地裁前(永田岳彦撮影)  どうすれば、虐待を見抜け、児童らが犠牲になる事件を防げるのか−。千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん=当時(10)=が1月、自宅浴室で死亡した虐待事件をめぐり、国や自治体の模索が続いている。国は体罰禁止を盛り込んだ法案を国会に提出し、虐待が疑われるケースを教員らが見抜く手引を作成。千葉県も一時保護所増設といった策を打ち出した。ただ、虐待発見の鍵を握る学校や児童相談所の現場には、高度な判断が求められる。「質の確保が必要だ」。専門家は課題を指摘している。 【表で見る】児童虐待をめぐる経過 ■体罰禁止  「しつけだった」  傷害致死罪で起訴された父親の栗原勇一郎被告(41)は千葉県警の調べに、当初はこう供述していた。こうした「しつけ」と称した虐待は後を絶たず、政府は事件を受けて、親権者や里親、児童福祉施設長がしつけをする際の体罰禁止を明文化する改正児童福祉法案を今国会に提出している。  罰則は設けられてはいないが、元児相所長でNPO法人「児童虐待防止協会」の津崎哲郎理事長は「体罰によらないしつけを大人が学習していく契機になる」と一定の評価をしている。  教訓を見いだそうとする動きは他にもある。文部科学省は教員向けの虐待対応の手引を作成し、児相との情報共有の周知などを求めた。  事件では、死亡した栗原心愛さんは、学校のアンケートで「父からの暴力」を訴えていたが、学校側は、そのアンケートを勇一郎被告の恫喝(どうかつ)に屈して手渡していた。  手引では、虐待を疑う理由について、保護者から説明を求められても情報元を伝えず児相と連携することや、保護者との関係よりも児童の安全を優先することの徹底が示された。  また、虐待の早期発見に《虫歯の治療が行われていない》《衣服が汚れている》とするチェックリストを提示。保護者の様子を含め違和感を抱いた際は、ためらわずに児相に通告し、子供の言動や外傷の状況を記録に残すように求めた。  さらに、心愛さんは死亡する直前に長期間欠席していたにもかかわらず、学校側から児相への連絡が遅れていたが、手引では虐待を疑われる子供が7日以上欠席した際は、市町村や児童と速やかに情報共有することが促された。 ■一時保護所を増設  千葉県も再発防止策を公表し、虐待の疑いがある児童らを受け入れる一時保護施設の増設などを盛り込んだ。県によると、管轄の6児相の一時保護所では今月7日現在で、定員の1・3倍超の155人を受け入れており、増設で定員オーバーの解消を目指すという。  また、児童の見守りやケアに当たる小学校の担任の時間を増やすため、非常勤講師の派遣を実施。ドメスティックバイオレンス(DV)対策として、家庭を支援する保健師らを初めて児相に置くとしている。  ただ、事件で問題とされた一時保護解除をめぐる意思決定のあり方についての具体的な策は示されなかった。さらに、心愛さんへの勇一郎被告の性的虐待の疑いを把握しながら児相が一時保護を解除していたなど、問題は今も露呈し続けている。  津崎理事長は「施設や職員の数を単純に増やしたとしても、その養成は追いつかない。中身が伴わなければ実効性を持たせるのは難しく、質の確保に向け、児相職員らの育成が急務だ」と話している。 . 【関連記事】 毎晩「ぎゃー」と叫び声…「オバQ」といわれた25歳女性、ペンチで歯を折られ熱湯も “パチンコ狂”親のひどすぎる虐待 全裸浴室監禁、排泄バケツ… トイレで女児出産、水洗レバー引くも流れず窓から…24歳女が明かした呆れた理由 ロープで拘束 顔に熱湯、胃は空っぽ 女児を死においやった22歳母親は妊娠8カ月… 南青山児相建設騒動 これが住民の本音「騒いでいる人は“中の下”」 最終更新:5/16(木) 20:26 産経新聞
    | - | 16:42 | comments(0) | - |