CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 富士山から「動けない」救助要請、捜索中に下山・・・こういう人には、次の山岳遭難捜索に強制参加させること!それでなければ「バ●」のままになってしまう!! | main | 道標のボルト不自然に緩む 京都の山、風受け回転「命に関わる問題」・・・これは「犯罪」です!!でも、これを見破るだけの「読図力」を身につけましょう!! >>
「認知症のおそれがある」判定の高齢者、65%免許返上・・・認知症状ありの4万人近くのうち、約1.5万人が「いや、まだ乗る」として実際に乗っている!!
0
    「認知症のおそれがある」判定の高齢者、65%免許返上 5/22(水) 5:00配信 朝日新聞デジタル 「認知症のおそれがある」判定の高齢者、65%免許返上 高齢運転者の認知症対策の流れ  認知機能検査で「認知症のおそれがある」と判定された75歳以上のドライバーのうち、最終的に医師に認知症と診断され運転免許証が取り消し・停止になったのは昨年、5・0%にあたる1932人だった。ほかに、判定後に自主返納したり更新せず失効させたりした人を含めると、65・1%が免許の継続を断念していた。警察庁が21日、状況をまとめた。  認知機能検査では、「認知症のおそれがある」第1分類、「認知機能低下のおそれがある」第2分類、「低下のおそれがない」第3分類のどれかに判定される。高齢ドライバーによる交通事故の対策として、認知機能検査を強化する改正道路交通法が2017年3月に施行した。従来、75歳以上の人は免許更新時に検査を受けていたが、一時不停止や信号無視、逆走など一定の違反をした人にも臨時の検査が義務づけられた。  18年は約216万5千人が検査を受け、2・5%の約5万4千人が第1分類と判定されている。  警察庁は、第1分類と判定された人(17〜18年)で18年1年間に免許の扱いが決まった3万9025人の処分結果をまとめた。それによると、1932人が取り消し・停止となったほか、45・5%の1万7775人が自主返納、14・6%の5706人が失効させた。 . 朝日新聞社 【関連記事】 池袋暴走、遺族の夫「まるで生き地獄」 今も仕事行けず お散歩やめる?「そうじゃない」 保育の現場、続く模索 高齢ドライバー、世界では? 英女王は無免許運転やめた 池袋暴走、時速90キロに急加速 医師は運転控える指示 結愛ちゃん虐待、主治医の悔しさ 届かなかった危機感 最終更新:5/22(水) 10:54 朝日新聞デジタル
    | - | 11:38 | comments(0) | - |