CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 「認知症のおそれがある」判定の高齢者、65%免許返上・・・認知症状ありの4万人近くのうち、約1.5万人が「いや、まだ乗る」として実際に乗っている!! | main | 「人生100年の蓄え」国の指針案が炎上 「自助に期待するなら年金徴収やめろ」批判殺到、、、まずは安倍さんが株につぎ込んだ数十兆円の年金基金は返してもらわないと。 >>
道標のボルト不自然に緩む 京都の山、風受け回転「命に関わる問題」・・・これは「犯罪」です!!でも、これを見破るだけの「読図力」を身につけましょう!!
0
    道標のボルト不自然に緩む 京都の山、風受け回転「命に関わる問題」 5/23(木) 8:01配信 京都新聞 道標のボルト不自然に緩む 京都の山、風受け回転「命に関わる問題」 固定用のボルトが不自然に緩んでいた道標(22日午後0時20分、京都府与謝野町の大江山連峰)  京都府福知山市や与謝野町などにまたがる大江山連峰の登山道で、分岐点に設置された道標のボルトが不自然に緩められ、風を受けて回転する状態になっていたことが、22日までに分かった。道標が回転する様子を写した動画がインターネット上で波紋を呼ぶ一方、別の道標も折られる被害が出ており、関係者は「警察に被害届を出すことも検討したい」としている。 【写真】神秘的な京都・大江山 .  道標は昨年9月、地元のガイド団体でつくる「大江山連峰トレイルクラブ」が登山道の計10カ所に設置した。ボルトが緩められていたのは、加悦双峰公園(与謝野町)から南東に15分ほど登った三差路にある道標で、最高峰の「千丈ケ嶽」(標高832メートル)や「赤石ケ岳」の方向を示している。ネットで動画を見た同クラブのメンバーが20日に府職員とともに現地を調べたところ、案内板を固定するボルトが不自然に緩んでいるのを見つけた。  また22日、同クラブが他の道標の点検を行っていたところ、三差路から北東約6キロの山上でも案内板の1枚が折れた道標が見つかった。同クラブによると、三差路の道標は今月中旬まで、山上の道標は3月下旬までそれぞれ異常はなかったという。  道標が風に吹かれて回転する様子を写した動画は18日にツイッター上に投稿され、22日午後9時現在で158万回再生。視聴者からは「命に関わる問題だ」といった非難の声が相次いでいる。  同クラブの高崎洋一朗会長(67)は「老朽化や自然破損は考えにくく、いたずらの可能性が高い。今後の対応はメンバーと話し合って決めたい」と話している。クラブでは26日に開かれる登山イベント「大江山一斉登山」に向けて、再度、点検作業を行うとしている。 . 京都新聞 【関連記事】 大江山「鬼の洞窟」きつい斜面や悪い足場も 京都・登山男性死亡 山がもこもこカリフラワーに 淡い黄色、シイノキ花盛り カヌーで行方不明男性、琵琶湖の島で遺体発見 5日に出航 動物型浮具、海の事故相次ぐ 流されやすく危険、海保が注意 登山で不明の夫婦か、2遺体発見 滋賀・高島の山中 最終更新:5/23(木) 8:01 京都新聞
    | - | 10:46 | comments(0) | - |