CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< タケノコの皮はがされる被害相次ぐ 訪日客人気の京都の竹林、枯れてしまう竹も・・・もう京都には日本人が来れなくなってしまった!!外国人、特にアジア系の日本の最低限の常識の分からない人達が大量に来ているのだ!なぜここまでして人を受け入れる必要があるのか?これ | main | ライチョウ、今世紀末に絶滅の恐れ…温暖化影響・・・住処のハイマツが消えるのとエサがなくなっていくのと・・・国の天然記念物にも打つ手無しか!! >>
室井佑月「大事なことを隠してる」〈週刊朝日〉・・・さすが室井さん!!見抜いていますね。が、自衛隊員は非常に危険なことに、いや、我が国民も全て常に戦時態勢になどならぬようしっかり見ないと!!
0
    室井佑月「大事なことを隠してる」〈週刊朝日〉 7/11(木) 7:00配信 室井佑月(むろい・ゆづき)/作家。1970年、青森県生まれ。「小説新潮」誌の「読者による性の小説」に入選し作家デビュー。テレビ・コメンテーターとしても活躍。自らの子育てを綴ったエッセー「息子ってヤツは」(毎日新聞出版)が発売中  作家・室井佑月氏は、日米安保条約に関するトランプ氏の発言について、ベールに包まれた日本側の対応を推測する。 【この記事のイラストはこちら】 *  *  *  これがほんとうだったら安倍政権は我々国民に大事なことを隠していたことにならないか。6月29日付の朝日新聞DIGITAL「安保不公平、トランプ氏『首相に伝えた』日本側は否定」という記事。 「トランプ米大統領は29日、主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)閉幕後に大阪市内で記者会見を開き、日米安全保障条約について『不公平な条約だ』と不満を表明した。また、安倍晋三首相に対し、条約の『片務性』を『我々は変える必要がある』と伝えたことを明らかにした。(中略)トランプ氏は会見で、『不公平な条約だと、過去6カ月間、安倍首相に伝えてきた』『我々は変える必要があると安倍首相に伝えた』と強調。ただし、条約から撤退する意思があるかを問われると、『全く考えていない』と否定した」  つまり、トランプさんは半年も前から日米安保条約にイチャモンをつけ、変えろと安倍さんにいってきた。でも、そのことを国民はまったく知らされてなかったわけよ。  知らされてきたことは真逆。5月のトランプ氏来日時に、安倍さんは「ドナルドとの非常に親密な個人的信頼関係により、日米同盟のきずなはもはや揺るぎようのない、世界で最も緊密な同盟となりました」とまでいってたしな。  6月28日の日米首脳会談後、西村官房副長官が、日米安保についての議論は一切なかった、と火消しに走った。その言葉が一斉にニュースになったりした。ニュースにさせたかったんでしょ。  安倍政権側はトランプさんの日米安保見直し発言をなかったことにしたかった。そして、イチャモンをつけてきたトランプさんは結局、条約から撤退することは「ない」と最後は答えた。普通に考えて、この国は、トランプさんが満足するような何かほかのものを差し出したのではないか?  トランプ大統領は、米国の農産品や武器をもっとこの国に買ってもらいたい。そして、日系自動車メーカーの対米投資を増やしてもらいたい。まさかこの国は、トランプさんの日米安保の見直し発言で脅され、それをすべてのんだんじゃないだろうね。 • 前へ • 1 • 2 • 次へ 1/2ページ 【関連記事】 • 「美智子さまが安倍首相を痛烈批判」 誕生日文書裏読みの真相〈週刊朝日〉 • 23歳セクシーモデルの「処女」が3億円! 落札した「東京の政治家」とは?〈週刊朝日〉 • 世界からひんしゅく 日本が空気「読み違えた」理由〈AERA〉 • 雅子さま復活の陰に“女官”の存在 コーヒー店で佳子さまが過ごすワケ〈週刊朝日〉 • 室井佑月「もうバカは前に出てくるな!」〈週刊朝日〉 最終更新:7/11(木) 7:00 AERA dot 室井佑月「大事なことを隠してる」〈週刊朝日〉 7/11(木) 7:00配信  せっかくトランプさんからいい出したのだから、この国は日米安保について、米国とじっくり話し合えばよかったんだ。  この国が攻撃された場合、米国がほんとに日本を守ってくれるのかといってる識者は多い。安保とセットの不平等な日米地位協定についても、米国と踏み込んで話せるチャンスだったように思う。  米山隆一氏が6月21日のTwitterに「田中角栄元首相が、憲法9条を盾にベトナム戦争への派兵を断ったという話です(後略)」と、ソースの週刊誌記事をあげ、書いていた。  安倍政権が急いで改憲したがるのは、表面的な米国との蜜月関係演出のため、自衛隊員の命まで献上することになってるからではないことを祈る。 ※週刊朝日  2019年7月19日号 • 前へ • 1 • 2 • 次へ 2/2ページ 【関連記事】 • 「美智子さまが安倍首相を痛烈批判」 誕生日文書裏読みの真相〈週刊朝日〉 • 23歳セクシーモデルの「処女」が3億円! 落札した「東京の政治家」とは?〈週刊朝日〉 • 世界からひんしゅく 日本が空気「読み違えた」理由〈AERA〉 • 雅子さま復活の陰に“女官”の存在 コーヒー店で佳子さまが過ごすワケ〈週刊朝日〉 • 室井佑月「もうバカは前に出てくるな!」〈週刊朝日〉 最終更新:7/11(木) 7:00 AERA dot.
    | - | 09:44 | comments(0) | - |