CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 室井佑月「大事なことを隠してる」〈週刊朝日〉・・・さすが室井さん!!見抜いていますね。が、自衛隊員は非常に危険なことに、いや、我が国民も全て常に戦時態勢になどならぬようしっかり見ないと!! | main | 大企業のブックスマート(学校秀才)が優れた社長にならない理由 、、、「名選手必ずしも名将ならず!」は、企業体でもあてはまる! >>
ライチョウ、今世紀末に絶滅の恐れ…温暖化影響・・・住処のハイマツが消えるのとエサがなくなっていくのと・・・国の天然記念物にも打つ手無しか!!
0
    ライチョウ、今世紀末に絶滅の恐れ…温暖化影響 7/10(水) 22:14配信 読売新聞オンライン  国の特別天然記念物のニホンライチョウが、地球温暖化の進行に伴い、現在多く生息する北アルプスから今世紀末にほぼ絶滅する恐れがあると、長野県環境保全研究所や森林総合研究所、高知大、東京農大などの研究チームが発表した。ライチョウが生活環境とする高山植物の群落が激減するため。研究論文は10日、電子版の英科学誌「BMCエコロジー」に掲載された。  環境省によると、国内のライチョウは中部山岳の高山帯に生息。推定生息数は1980年代は計約3000羽だったが、現在は北アルプスのほか、南アルプスなどの計2000羽以下に減少したとされる。キツネやテンなど捕食動物の高山帯への進出も減少の理由とされている。  研究チームは、北アルプス中南部でライチョウがすみかや餌としている高山植物に対し、気温や降雪量などがどのように影響するかに着目した。現在のペースで温暖化が進めば、2081〜2100年に気温は2〜4度上昇、降雪量が減るなどと予測。高山植物の分布から割り出すと、ライチョウが生息できる区域は現在の0・4%にとどまった。また、根元に巣を作るハイマツのほか、稜線(りょうせん)上で強風に耐える種類など、色々な高山植物が分布する場所に生息する確率が高いことも分かったという。  長野県環境保全研究所の堀田昌伸・自然環境部長(60)(鳥類生態学)は「高山植物がなくなればライチョウは行き場を失い、絶滅に直結する。将来的には他の地域に移すなどの保全策が必要になるかもしれない」と話す。今後、南アルプスなどの生息域でも温暖化の影響を調べるという。 . 【関連記事】 NY株227ドル高、初の2万7000ドル超え はやぶさ2が再着地、岩石の破片が飛び散る写真も公開 セブンペイに新たな不備、アプリに不正ログインの恐れ NYダウ、一時初めての2万7000ドル台 かんぽ保険販売 顧客軽視の姿勢が目に余る 最終更新:7/12(金) 6:31 読売新
    | - | 09:29 | comments(0) | - |