CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 中退・留年率公表、大学に義務化へ…進路状況も・・・ついでに高校も全部、公表すべきでは? | main | 【特集】保育園で働きたい 第二の人生は“じいじ先生”・・・・67歳の保育士さん、すばらしい!! >>
東北大、気管支ぜんそく発症の原因を明らかに アレルギー疾患の新治療法開発へ・・・これはすごい!!
0
    東北大、気管支ぜんそく発症の原因を明らかに アレルギー疾患の新治療法開発へ 3/23(金) 15:28配信 ITmedia NEWS 東北大、気管支ぜんそく発症の原因を明らかに アレルギー疾患の新治療法開発へ GITRとアレルギー細胞  東北大学の研究グループは3月23日、気管支ぜんそく(アレルギーぜんそく)の原因が「2型自然リンパ球」というリンパ球の活性化であることが明らかになったと発表した。気管支ぜんそくを含むアレルギー疾患の新たな治療法開発につながる可能性があるという。 GITR阻害物質の効果  これまでアレルギー疾患の治療で注目されていたのは、アレルギー反応の制御や他の免疫細胞の活性化に関係する免疫細胞「T細胞」だったが、研究グループはこの細胞の表面に現れる「GITR」というタンパク質が、2型自然リンパ球にも存在することを発見。GITRが2型自然リンパ球を活性化することを明らかにした。  2型自然リンパ球は、気管支ぜんそくが起きるときに最初に活性化する免疫細胞で、これが活性化しなければアレルギー反応は起こらないという。  そこで研究グループがGITRを持たないマウスに薬剤で気管支ぜんそくを誘発する実験を行ったところ、自然リンパ球は活性化せずマウスはぜんそくを起こさなかったという。また、研究グループが開発したGITRを阻害する物質をマウスに投与した場合も、マウスはぜんそくを起こさなかった。  これにより気管支ぜんそくを引き起こしているのは、GITRで活性化した自然リンパ球であることが明らかになった。この結果は、気管支ぜんそくを含むアレルギー疾患の治療法、アレルギー治療薬の開発につながる可能性があるという。  研究成果は米国のアレルギー学会誌「Journal of Allergy and Clinical Immunology」の電子版に2月7日付で掲載された。 . 【関連記事】 がん細胞への栄養補給を制限する物質、東大が発見 新たな治療法の開発にも 東北大、哺乳類の「硫黄呼吸」発見 酸素の代わりに硫黄でエネルギー確保 アトピー性皮膚炎のかゆみを起こすタンパク質を発見 九州大 胃がんの多い日本人 原因はピロリ菌が作るタンパク質 東大の研究で判明 最終更新:3/23(金) 15:28 ITmedia NEWS
    | - | 13:28 | comments(0) | - |