CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 八戸の小学4年男児、実用新案に登録/コンパス補助具 円も簡単に描けるよ | main | 吃音症から「日本一のラッパー」目指す達磨くん(17)の挑戦・・・自分の不利を武器にする!すごい!! >>
シリア化学兵器「捏造」の証拠写真、実は映画撮影と判明・・・世界の真実の解明はものすごく難しい!!
0
    シリア化学兵器「捏造」の証拠写真、実は映画撮影と判明 4/18(水) 6:56配信 AFP=時事 シリア化学兵器「捏造」の証拠写真、実は映画撮影と判明 シリアの首都ダマスカス近郊ドゥーマで、負傷者を搬送する「ホワイト・ヘルメット」のメンバーら(2018年4月4日撮影、資料写真)。【翻訳編集】 AFPBB News 【AFP=時事】シリアの首都ダマスカス近郊にある東グータ(Eastern Ghouta)地区で、市民ボランティアでつくる救助隊「ホワイト・ヘルメット(White Helmets)」が化学兵器攻撃を捏造(ねつぞう)する現場を写したとされる一連の写真が、実際には映画の撮影現場を写したものだったことが分かった。AFPの事実検証ブログ「ファクチュエル(Factuel)」が明らかにした。 動画:米英仏の空爆で破壊の研究施設、職員は化学兵器の製造を否定  約3000人のボランティアから成る人道団体のホワイト・ヘルメットは、シリア政権やインターネット上の陰謀論者らによって偽情報を流される被害に繰り返し遭っている。  問題の写真には、粉じんにまみれ流血メークを施した俳優らや、かちんこが写っている。バッシャール・アサド(Bashar al-Assad)大統領の支持者らはこれらの写真について、東グータのドゥーマ(Douma)で今月7日に行われたとされる塩素とサリンによる毒ガス攻撃が捏造されたことを証明するものだと主張していた。  しかしこれらの写真は、実際にはシリア文化省の後援を受け同国で制作された映画『革命の男(Revolution Man、原題)』の撮影現場を捉えたもので、同作のフェイスブック(Facebook)公式ページに掲載されていた。同作の初上映については、国営シリア・アラブ通信(SANA)も先月9日に報じており、これは化学兵器攻撃疑惑の1か月前に当たる。  SANAによると、映画は名声を得るために「シリア内戦の写真や動画を撮影しようと、同国に不法入国した」ジャーナリストが主人公。目標を果たせなかった主人公は、「自身の写真に世界的な影響力を持たせるため、化学兵器攻撃を捏造する」というあらすじだという。  検証サイト「べリングキャット(Bellingcat)」によると、これらの写真はロシア国営テレビ局「第1チャンネル(Russia 1)」でも取り上げられ、化学兵器攻撃がでっち上げであることの証拠とされていた。  ホワイト・ヘルメットは、爆弾攻撃の被災地のがれきの中から人々を救い出す果敢な救出活動を続け、何千人もの民間人の命を救ったとされ、その活動を捉えた動画はインターネット上で頻繁に話題を呼んでいる。【翻訳編集】 AFPBB News . 【関連記事】 シリア毒ガス疑惑、化学兵器禁止機関の調査団が現地入り シリア・ドゥーマでの化学攻撃、塩素に加えサリンも 米政府見解 トランプ氏の「任務完了!」発言が物議、ブッシュ氏が過去に使用 〔写真特集〕シリア内戦〜化学兵器使用か、子どもも被害〜 金正恩氏、シリア大統領に祝電=米軍事攻撃には触れず 最終更新:4/18(水) 8:28 AFP=時事
    | - | 09:10 | comments(0) | - |