CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 実は恐ろしいアリ社会 裏切り者の卵は破壊 働きアリが相互監視・・・この記事を載せた産経の意図は? | main | お酒の強い人、弱い人、疾患発症の違いが明らかに。胃がんと痛風はどっち?・・・飲む・飲まされる!?どちらにしても命を縮めるtことに!お父上に進言のこと。 >>
相模原の山中、6日ぶり男性発見 骨折、非常食でしのぐ・・・意底の世界も「サヴァイバル」は必須ですよ!!
0
    ★ 朔日、ふと思い立って、何十年ぶりにか、あの元日本山岳会の大ボス=今は亡き今西博士のレリーフにお参りでもしてこよう!と思い立って、叡電出町柳駅から二ノ瀬駅まで、夜泣峠で、進路を北尾根へ。大岩分岐で休んでいると、高年のトレランナーが追い越していく。さらに尾根伝いに貴船山をかすめて、滝谷峠へ。この付近で昔ひょいと、京大教授時代の河合先生とお会いしたなあ、なんて回顧にふける。それから、アズキ坂への谷へ。ここは倒木があまりに多くて通行は困難。やっと、直谷上流に。今西博士のレリーフにお参り。この先生は、いつも山の中でお一人で笑っている。クリンソウが激減。シカが食している様子。帰りは直谷をたどってくだり、中津川に沿ってさらに下ると、出合橋に。もくもくバスを待つ。出会った人の中高年の人はほとんどが軽い10L程度のザックだ。あの中には「非常用具」や「非常食」はたっぷりはいっているだろうか?などどと心配する。帰ってこのニュースに出会う。この方は生きていて良かった。「非常食」はサヴァイバルの必須。京都北山は、水は至る所にあるので水分補給はできても、非常食がないと、救助隊が来る前にへたってしまう。山はまだ装備さえあれば、生き延びられるので大丈夫。町の方が怖い。・・・今朝の京都新聞の一面に、鷲田さんが書かれていたが、「電車が人身事故で止まったときに車内で誰かが舌打ちをしたりする光景が、すごく怖いんです」と大友良英産の言を引用して、今の人間の内面が荒れている現状を指摘されているが、私もつくづく、町中よりも山の自然の中の方がずっと安全だと思う。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 相模原の山中、6日ぶり男性発見 骨折、非常食でしのぐ 4/29(日) 0:20配信 朝日新聞デジタル  神奈川県相模原市緑区の山中で28日朝、東京都葛飾区の30代男性がけがをして動けなくなっているのを登山者が見つけた。男性は22日ごろ遭難したとみられ、大腿(だいたい)部骨折などの重傷。県警ヘリによって市内の病院に運ばれたが、意識はあるという。  県警と消防によると、男性は28日午前8時ごろ、緑区青根の神之川上流の滝付近で見つかった。けがで動けずにいたが、持参の非常食などを口にし、助けを待っていたという。  男性は22日に日帰り予定で入山。男性が帰宅せず、連絡がとれなくなったことから、親族が警察に届けるとともに、ツイッターで救助を呼びかけていた。県警などが捜索したが発見に至らず、28日、沢登りに来ていた登山者に発見されたという。 . 朝日新聞社 【関連記事】 米国から出張帰り、家に知らない男 ゆっくりドア閉め… アルコールに依存する妻 家族にも異変「何かが壊れた」 死角悪用し大量LINEポイント 元会社員の「錬金術」 「誰にも話せなかった」 施設内性暴力、声あげられず 夜間にジョギング中、性被害… 体験基づくマンガに共感 最終更新:4/29(日) 7:23 朝日新聞デジタル
    | - | 08:04 | comments(0) | - |