CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 愛媛知事、補助金見直し「考えず」 加計学園の謝罪問題・・・安倍さんはこの人の足元にも及ばない!! | main | 低所得層の学生、国立大の授業料を全額免除へ 政府方針・・・しかし、これから徐々に諸条件をつけるでしょう! >>
入試問題と解答、原則公表へ 出題ミス対策で文科省・・・・これは「大原則」でしょう!
0
    入試問題と解答、原則公表へ 出題ミス対策で文科省 6/5(火) 10:19配信 朝日新聞デジタル  大阪大と京都大などで入試ミスが相次いだことを受け、文部科学省は大学に対して問題や解答の公表を原則として求める新しいルールをまとめ、5日、大学などに通知した。林芳正文科相は同日の閣議後会見で、「各大学はこのルールを踏まえて、入試ミスの防止や早期発見など適切に対応してほしい」と述べた。  文科省は毎年この時期に、大学や高校の団体と意見交換して入試ルールを定め、大学を所管する高等教育局長名の通知を大学などに送る。昨年までは、試験問題や解答の公表を各大学が「努める」よう求めていたが、今年からは「原則公表する」とした。ただ、文章や式を書かせる記述式問題などは、解答の代わりに出題の意図や複数の解答例、標準的な解答例などを原則公表するとした。  東京大や早稲田大などはこれまで解答を公表しておらず、その理由として「解答や解法を暗記する受験対策につながりかねない」「解答を導く過程を評価する問題もある」などとしている。両大学の担当者は取材に「通知を見て検討する」と述べた。文科省は、7月に全大学が公表に向けて動いているか調査する予定で、担当者は「公表しなくても罰則はないが、各大学は公表しない理由を説明する必要がある」と話す。  新ルールでは、外部からミスの指摘があった時は、作問者以外の人も含めて速やかに組織として対応することや、ミスが判明した際は受験生に丁寧に対応しながら原因を分析し、再発防止に努めることも求める。さらに、問題の点検は試験前だけでなく、試験中や終了直後にも実施することなども盛り込んだ。(増谷文生) . 朝日新聞社 【関連記事】 「阪大の解答例で良い」 外部からの指摘、何度もスルー 内申書にミス、4人追加合格 涙流す生徒も 大阪・茨木 同志社大の入試で出題ミス 数学で正解の解答欄足りず 入試ミスの阪大、音叉の振動はAとBのモードあるのに… 入試ミス防ぐには…悩む大学 解答例公表・予備校が検証 最終更新:6/5(火) 17:38 朝日新聞デジタル
    | - | 19:15 | comments(0) | - |