CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< アルペンルート駅付近にクマ、写真家襲われ重傷・・・今年は多い、これから秋は要注意!! | main | お金なし、知名度なし、人気生物なし 三重苦の弱小水族館に大行列ができるワケ >>
マダニ感染症対策に朗報 天敵生物を発見・・・・この研究は非常に「危険性」を含んでいる!!
0
    マダニ感染症対策に朗報 天敵生物を発見 6/6(水) 12:40配信 日本農業新聞 マダニ感染症対策に朗報 天敵生物を発見 マダニの天敵として見つかったオオヤドリカニムシ(森林総合研究所提供)  森林総合研究所は5日、人の感染症の原因となるマダニを捕食する天敵生物を発見したと発表した。天敵は、野生のネズミなどと共生しているオオヤドリカニムシで、マダニをはさみで捕まえ、体液を吸って殺す。山間部の農地や果樹園で同天敵がいればマダニの感染症被害を少なくできる可能性があるとみて、生息しやすい環境を調べる。  同天敵は、カニムシの一種で、サソリのように大きいはさみを持つのが特徴。体長約5ミリ。ネズミなど小型動物の巣に住み、ネズミに付着して移動する。  同研究所は、森林のネズミの巣などから同天敵を30匹以上採取して、生態や捕食性を調べた。餌はコナダニを好んで食べたが、マダニの幼虫(体長1ミリ)、成虫(同4ミリ)を食べることが分かった。捕食率は、幼虫が100%で、成虫が約80%。体長がほぼ同じマダニ成虫でも捕食する。  同研究所は、生物農薬や感染症予防としての利用よりも「生息しやすい環境を明らかにすれば、農家の心配を減らせる」(生物多様性研究拠点)と期待。野外の生態を詳しく調べる。 . 日本農業新聞 【関連記事】 感染症SFTS各地で発症相次ぐ 高い致死率、治療法なく 春〜夏マダニ要警戒 農業の天敵 厄介な野生鳥獣 追い払い IT化 市街地や庭先、野良猫も マダニ感染激増 最多の勢い秋も警戒を マツタケ 感染苗木を培養 人工栽培確立へ 北海道立総研機構などが成功 小さいけれど 本当は怖い マダニ警戒 山や畑で 春から活発化 最終更新:6/6(水) 12:40 日本農業新聞 .
    | - | 09:52 | comments(0) | - |