CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< <昨年統計>山岳遭難 死者・不明最多354人、中高年9割・・・「死に場所」になっている感さえ・・・ | main | 加計理事長説明に「もやもや感」=中村愛媛知事、面会否定の立証要求・・・この人はまともだ!! >>
児相間の情報伝達確実に=ファクスからメールへ―厚労省・・・・早急の措置必要な時あり!!これはいい!
0
    児相間の情報伝達確実に=ファクスからメールへ―厚労省 6/21(木) 7:05配信 時事通信  厚生労働省は、児童虐待防止対策を強化するため、支援が必要な家庭の転居先が不明になった場合、児童相談所(児相)間の情報共有の方法を見直す。  所在確認のため、これまでファクスで送っていた子どもや親の情報について、児相のメーリングリストを活用したメール送信に改める方向で全国児童相談所長会と調整。迅速で確実な情報共有につなげる。  東京都目黒区で5歳の女児が死亡した児童虐待事件では、転居前に住んでいた地域の児相と転居地の児相の間で、情報共有が十分でなかった可能性が指摘されている。虐待をした親が児相から逃れるために転居することは珍しくなく、児相間の迅速な情報共有が必要になる。  現在、引っ越しなどで居住地が不明となった、支援が必要な家庭については、子どもや親の情報などを記載した書類を児相間でファクス送付し、所在を確認している。危険性や緊急性が高いケースでも時間を要しているのが実情だ。  このため見直し後は、全ての児相を登録したメーリングリストを作り、活用する方針。転居前に担当していた児相が、要支援家庭について各児相にメールで情報を伝える仕組みだ。記録が残るため、情報を見落とす可能性も少なくなり、情報伝達の確実性が高まる。  . 【関連記事】 「危険性」共有されず?=2度の保護、引き継ぎで−児相対応に疑問も・5歳児虐待死 児童相談所で少年自殺=家出し保護中−愛知 児童虐待疑い6.5万人超=13年連続増で最悪更新−警察庁 安倍首相、緊急対策を指示=5歳児虐待死で閣僚会議 第三者委で対応検証=5歳児虐待死で香川県 最終更新:6/21(木) 9:49 時事通信
    | - | 08:51 | comments(0) | - |