CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 加計理事長説明に「もやもや感」=中村愛媛知事、面会否定の立証要求・・・この人はまともだ!! | main | 夏の車中、エアコン停止から15分後には…熱中症「危険」レベルに・・・炎天下に子供は車内に!=狂気の沙汰!! >>
【特集】南海トラフ地震の「スーパーサイクル」とは? 次は超巨大津波の可能性も・・・「スーパーサイクル」知りませんでした!!
0
    【特集】南海トラフ地震の「スーパーサイクル」とは? 次は超巨大津波の可能性も 6/21(木) 14:18配信 MBSニュース 6月18日に起きた大阪府北部を震源とする大きな地震は、次の南海トラフ地震の「予兆」ともいわれています。その南海トラフ地震をめぐって今「スーパーサイクル」という言葉が注目されています。大地震は数百年に一度、周期的に起きているとされていますが、実はその何度かに一度は東日本大震災のような巨大地震を起こす周期があり、そのことを「スーパーサイクル」と呼ぶのです。近畿に大津波が襲うことになるかもしれない南海トラフ地震にも、この「スーパーサイクル」があることが最新の研究でわかってきました。 MBSニュース 「スーパーサイクル」とは? 7年前、東北沿岸部を中心に大津波が襲った東日本大震災。M9の超巨大地震。誰も想像すらできなかった時期に発生を予測していた研究者がいました。過去の地震と津波を研究している産業技術総合研究所の宍倉正展さんです。 「地層から想像していたものが現実になってしまった」(産業技術総合研究所・海溝型地震履歴研究グループ長 宍倉正展さん・2011年) 東日本大震災が起きる7年前から、西暦869年に宮城県沿岸を襲った「貞観地震」に注目していました。宍倉さんが古文書に残る史実と過去の津波の跡などを調べた結果、貞観地震と東日本大震災の津波の被害が驚くほど似ていることに気付きました。そして導き出したのが地震の「スーパーサイクル」だったのです。 「仙台の平野の地下に眠る過去の津波の痕跡を調べていた。西暦869年に貞観地震という歴史記録にも残っているが、その津波の痕跡が内陸3〜4キロまできているということがわかり、それが500年〜1000年の間隔で繰り返し重なっている」(産業技術総合研究所・海溝型地震履歴研究グループ長 宍倉正展さん・2018年) MBSニュース 南海トラフ地震にもスーパーサイクルが そんな宍倉さんがいま注目しているのが南海トラフ地震です。 Q.南海トラフにもスーパーサイクルはある? 「そういうことをいってもいいのかなと思っている」(宍倉正展さん) 宍倉さんが目をつけたのが、紀伊半島の南端にある和歌山県串本町の国の名勝「橋杭岩」。 「周辺には大きさ1メートル以上の岩が散らばっていて、過去の大津波で流されきたと考えられています」(太田尚志記者リポート) 橋杭岩の周辺には岩石が1000個以上散らばっていて、宍倉さんは岩石に残された貝殻など年代測定をすることで、いつ岩石が津波に流されたのか、つまり大津波がいつ発生したのかを調査しました。 【特集】南海トラフ地震の「スーパーサイクル」とは? 次は超巨大津波の可能性も 6/21(木) 14:18配信 MBSニュース 南海トラフ地震は、静岡県の駿河湾から九州東方沖まで続く海底を震源に繰り返し起きている巨大地震です。その周期は100年から150年とされていて、前回は戦前の1944年と1946年にM7.9とM8.0の地震が起きています。その90年前の江戸時代、安政期にはM8.4の地震が2つ続けて発生。さらに、約150年前の江戸時代・宝永期には3つの震源域が同時に動き、過去最大級のM8.6の地震を起こしたことがわかっています。南海トラフ地震はその大きさや発生時期にばらつきがあるのです。 宍倉さんが橋杭岩の貝殻の年代測定をした結果、宝永地震を起点として遡ると約400年から600年周期で大規模な地震による大津波が複数回起きていることを突き止めたのです。 「前回のスーパーサイクルの巨大地震は宝永地震かもしれない。次の南海トラフ地震は(宝永・1707年から)300数十年(経ったとすると)、(400〜600年周期に)短いかもしれないが、(スーパーサイクルに)なってもおかしくない」(宍倉正展さん) MBSニュース 池の堆積物は“津波の履歴” 「いまだいぶ、池の中に草が生えてきて、向こうハスが生えてきているが、あのハス生えてくると、もう南海地震が近いです」(高知大学 岡村眞名誉教授) もう一人、池の堆積物などの調査によって、南海トラフ地震にスーパーサイクルがあると考えている研究者がいます。高知大学名誉教授の岡村眞さんです。 「この5メートルの堤防の地形を10メートルを超えるような大津波が来るというのは、300年とか350年に1回」(岡村眞さん) 岡村さんらの研究グループは、西日本にある約30か所の湖や沼に残された津波堆積物を調べました。過去3500年にも及ぶ南海トラフ地震の津波の履歴です。 「蟹ヶ池の柱状資料のコアです」(岡村眞さん) 岡村さんは池の底からとれた植物の化石などの堆積物から、過去に起きた津波の年代などがわかるといいます。 「木の葉がたくさん入っている、木の葉が全部化石ですね。これが年代を測る基本となる。これがだいたい3000年の池の歴史です。ここが池の底になっていて、これから下に古い方にいきます。ここに見えているのが、“宝永(津波)”の砂です」(岡村眞さん) 次ページは:2000年前の超巨大津波の痕跡 最終更新:6/21(木) 14:38 MBSニュース 【特集】南海トラフ地震の「スーパーサイクル」とは? 次は超巨大津波の可能性も 6/21(木) 14:18配信 MBSニュース 2000年前の超巨大津波の痕跡 これらの津波堆積物から、岡村さんは宝永地震クラスの津波よりもさらに規模の大きい津波が起きるもう一つのスーパーサイクルがあることを導き出しました。 「宝永クラスというか、15メートルクラスの津波がきているが、そういうものはだいたい300年〜350年に1度くらい来る。でもそのクラス以上のものが700年に1度きている」(岡村眞さん) また、岡村さんの調査でわかったことは、これだけにとどまりませんでした。その事実を見つけたとき岡村さんは驚愕したといいます。 「ここに…厚いですよね。もうほんとうに70センチ以上ありますよね。これが2000年前の超巨大津波の痕跡になります」(岡村眞さん) 15メートルの津波を起こしたとされる宝永地震の堆積物の厚さは30センチほどでしたが、岡村さんらが見つけた2000年前の堆積物はなんと倍以上の70センチもあったのです。 「宝永をはるかに超えるものが歴史的につかまった。われわれは初めて見つけたんだ、ちょっと興奮しました」(岡村眞さん) 今年5月の学会でも、岡村さんらの成果が発表されました。 「プランクトンとか化石をみると、砂が厚い。サイクルがあるんです」(岡村眞さん) 当日、産業技術総合研究所の宍倉さんも姿を見せました。 「100年200年の歴史地震とは何かが違う。もうひとつの大きなサイクルがあるのではないかというのは間違いない」(産業技術総合研究所・海溝型地震履歴研究グループ長 宍倉正展さん) 「数百年だけの歴史をたよって最大だろうとか、宝永が最大だろうとかいうのはやめた方がいい。それは必ずしも最大のものではないと考えなければいけない。自然からの警告だと思う」(高知大学 岡村眞名誉教授) 【関連記事】 • 【特集】和牛オリンピックで2位「京都肉」って? • 【特集】外国人観光客に人気上昇 “農村民泊”の魅力とは? • 【特集】「あすの会」解散 犯罪被害者に残したもの • 【特集】吐き気やめまいも… 子どもに増える「IT眼症」とは? • 【特集】優しくて力強い 日本人に愛された“在来馬”とは 最終更新:6/21(木) 14:38 MBSニュース
    | - | 17:27 | comments(0) | - |