CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 次に大地震が起こるのは有馬、別府、千葉? 中央構造線周辺も要注意〈週刊朝日〉・・・ここまではっきり書かれると・・・ | main | 是枝監督が『万引き家族』の安藤サクラ起用に「賭けでした」・・・この映画遅れましたが見ました! >>
セネガルの報道、日本批判よりルール説明に重き W杯・・・潔い敗退か、それとも汚い勝ちか??
0
    ★ もともとスポーツはギリシャ時代にその殺し合う決闘や集団リンチをルールに則った殺し合いにまでレベルを上げたものだとされています。それをさらに頃試合まで行くことを避けて、ルールの最終点をルールを遵守した上でのルールに従った「勝利」というが概念までレベルアップさせたのですね。そうすると、殴り合いや剣出の戦いでも何とか命をどちらかがなくさずにその目的を果たせるようにしたわけです。そのぶんその「勝利」は相手を殺したに等しいほどの栄誉と勝ちが観衆から認められる必要がありました。勝つための鍛錬や修練破砕後にその衆目の認める「勝利」を得ることにあります。一方が勝つ、代わりにもう一方が負ける。この厳しい結果でも貴重な出場者の命が温存される。そうすればまたそのその歯医者がいつか勝利を手にすることも可能にすることも。近代になって、このような勝者と敗者がともに対等な位置にあるような意識付けがなされたのです。その代わりにその勝負に対してともに厳しい平等性の実現に力が注がれました。その結果、たとえばTV中継などで衆目にサラされることで、その厳しさの均等姓を保証したのです。今回の日本の時間稼ぎも、そのような意味ではこの例に当たると思われます。いかがでしょうか? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ セネガルの報道、日本批判よりルール説明に重き W杯 6/29(金) 17:38配信 朝日新聞デジタル セネガルの報道、日本批判よりルール説明に重き W杯 試合終了後、コロンビアに敗れ決勝トーナメント進出を逃したセネガルの選手たち=AP  サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で、イエローカードの数の差で決勝トーナメント進出を逃したセネガル。現地からの情報によると、日本がポーランドに負けていながらも攻めずにパス回しを続けたことについて「フェアプレーではない」と批判する声もあがったという。  ただ地元テレビやラジオなどは、日本批判よりも、警告・退場数に基づくフェアプレーポイントの説明に多くの時間を費やした。地元メディア「セネニューズ」によると、セネガル代表を率いたシセ監督は試合後、「敗退は残念」としつつ、大会規定を尊重する姿勢を見せ、献身的に戦った選手たちをたたえたという。(石原孝) . 朝日新聞社 【関連記事】 「ポーランドもリスク負わない」予想ついた(福西の目) 「攻めたいが」「どうすんねん」 パス回し選択、選手は 100人は死んでいた…セネガルサッカー史に残る事件 「儲かる」保険、異様なセールス 解約前提の節税対策 残業も年休消化も大きく変化? 働き方改革法を徹底解説 最終更新:6/29(金) 19:29 朝日新聞デジタル
    | - | 20:03 | comments(0) | - |