CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 大気汚染が糖尿病の発症リスクに、米研究・・・医学も科学ですが、未発見領域が多すぎる?! | main | 米、追加関税発動=中国報復で「貿易戦争」―世界経済に影響・・・世界がトランプさんの票田対策になっている!! >>
過去にない大雨のおそれ 特別警報発表の可能性も 土砂災害・河川の氾濫に厳重警戒・・・皆さん、本気で気をつけましょう!!
0
    去にない大雨のおそれ 特別警報発表の可能性も 土砂災害・河川の氾濫に厳重警戒 7/6(金) 10:58配信 ウェザーマップ 過去にない大雨のおそれ 特別警報発表の可能性も 土砂災害・河川の氾濫に厳重警戒 6日午前10時までの48時間降水量。降り始めから1000ミリを超えているところも。  西日本と東日本では、8日(日)にかけて雷を伴った猛烈な雨が断続的に降り、過去の大雨を大きく上回る記録的な大雨となるおそれがある。今後の雨によっては、大雨特別警報が発表される可能性があり、土砂災害や河川の増水、氾濫に厳重に警戒し、低い土地の浸水に警戒が必要となる。  西日本から東日本に停滞している前線の活動が非常に活発になっている。  この影響で、高知県では降り始めからの雨量が1000ミリを超えているところがあるなど、西日本と東日本では記録的な大雨となっている所がある。  前線は、あす7日からあさって8日にかけて東日本から北日本に北上するが、西日本では8日にかけて停滞する見通し。  また、7日朝までには前線上に低気圧が発生し、8日にかけて西日本から北日本を通過する見込みだ。 . 過去にない大雨のおそれ 特別警報発表の可能性も 土砂災害・河川の氾濫に厳重警戒 6日午前11時の土砂災害警戒判定メッシュ情報。 大雨・雷・突風  西日本と東日本では、広い範囲で土砂災害や洪水の危険度が高まっており、沖縄でもこれまでの大雨で地盤が緩んでいる所がある。  西日本と東日本では、このあとさらに8日にかけて雷を伴った猛烈な雨が断続的に降り、過去の大雨を大きく上回る記録的な大雨となるおそれがある。 . 過去にない大雨のおそれ 特別警報発表の可能性も 土砂災害・河川の氾濫に厳重警戒 今後の予想雨量(多い所)  すでにかなりの大雨となっているため、今後の雨によっては、大雨特別警報が発表される可能性もある。  西日本と東日本および沖縄では、土砂災害や河川の増水、氾濫に厳重に警戒し、低い土地の浸水に警戒、落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要だ。 . 大雨特別警報とは  その地域で数十年に一度の記録的な大雨となっていて、命に関わる重大な災害が迫っている状況の際に発表されるもので、最大級の警戒が必要となる。 . 【関連記事】 いつ、どこに、どうやって避難したらいいの?(首相官邸ホームページ) 強い台風8号今後は急発達 10日沖縄へ近づく見通し 記録的な大雨のおそれ 昭和49年には小豆島で土石流(饒村曜) 特別警報の周知がもっと必要(饒村曜、2017年7月28日) 最終更新:7/6(金) 12:21 ウェザーマップ
    | - | 15:26 | comments(0) | - |