CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 台風12号異例のコース 「これまでの経験が通用しない場合がある」・・・何が起こるか、予測不能?! | main | 宮川町火災、住人の85歳遺体で発見 京都、延焼は11戸に・・・800余年前の大火の再現にならなくてよかった!! >>
<電通・違法残業>元上司の男性、検察審査会「不起訴相当」・・・これはどう考えてもおかしい?!
0
    ★ 当初、日本の国民を元気づけるために、そして、アメリカ文化を早く吸収できるように、アメリカの或機関の肝いりで作られた宣伝工作用機関の発展形態が今の「電通」だと言う人たちもいます。そして、今の日本も安倍さんが目指すアメリカ中心で動いている日本ノ状況の中ではこのケースで有罪判決は難しかったことでしょう。が、正当性の問題は時の政策で左右されれものではありません。裁判所までが、アメリカの顔色を伺うようでは、もう、日本も1945年の終戦直後から国民全員が描いた新しい日本の姿は消えていくようで、寂しい限りです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ <電通・違法残業>元上司の男性、検察審査会「不起訴相当」 7/27(金) 15:42配信 毎日新聞 <電通・違法残業>元上司の男性、検察審査会「不起訴相当」 議決の要旨を貼り出す裁判所職員=千代田区霞が関で2018年7月27日午後3時36分、石山絵歩撮影  電通の新入社員で2015年に過労自殺した高橋まつりさん(当時24歳)に違法残業をさせたとして、労働基準法違反(長時間労働)の疑いで書類送検され、不起訴(起訴猶予)処分となっていた元上司の男性について、東京第1検察審査会は27日、不起訴を相当とする議決を公表した。議決は12日付。  議決要旨によると、元上司は部下の1日当たりの残業時間への認識が薄かったうえ、まつりさんの長時間労働も把握していたことから「(検察審内で)責任を問うべきだとの意見もあった」と指摘。まつりさんについて「入社1年目で自殺した無念さや親族の心情は察するにあまりある」としつつ、長時間労働が横行する社内で個人ができる対策は限定的▽元上司のみを罰するのは不公平▽法人としての電通が有罪判決を受けた−−などから、不起訴を妥当と結論づけた。  検察審査会に審査を申し立てていたまつりさんの母幸美さん(55)は議決について「上司は処罰されないというのは残念で納得できない」とのコメントを出した。【服部陽】 . 【関連記事】 <高橋まつりさんの母が発表した文書の全文(2017年1月)> <電通過労自殺を「情けない」と責めた教授の情けなさ> <会社の人事評価>サラリーマンの半数が不満のワケ <部下を次々と辞めさせた「パワハラ女帝」の最後> <ケーキ店19歳バイト女子が請求された制服代5万円> 最終更新:7/27(金) 19:33 毎日新聞
    | - | 20:34 | comments(0) | - |