CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 「子どもは上に上がると思った」 2歳児発見のスゴ腕捜索ボランティア・・・この方の謙虚さがめちゃ目立つ!! | main | 剣道連盟で金銭授受問題、「段位」制度はもはや時代遅れ?、、、日本の伝統的な「道」は、全て金に汚染されているかも? >>
「決して忘れてはならない」=「慰霊の旅」海外へも―両陛下、平和に強い思い・・・「平和ぼけ」の目を覚ませ続けられて平成を終わる?!
0
    「決して忘れてはならない」=「慰霊の旅」海外へも―両陛下、平和に強い思い 8/15(水) 14:10配信 時事通信  天皇陛下は記者会見で、太平洋戦争の戦没者について「今日の日本がその人々の犠牲の上に築かれていることを決して忘れてはならない」(2006年)と述べ、戦争の惨禍を記憶し、語り継ぐ重要性を繰り返し強調されてきた。  節目の年には皇后さまとともに、海外の激戦地にも「慰霊の旅」に出るなど、平和への強い思いを行動に移している。  両陛下の幼少期は、日本が戦争に突き進んだ歴史とほぼ重なる。天皇陛下が3歳の時に日中戦争の発端となる盧溝橋事件が勃発。11歳で終戦を迎え、疎開先の栃木県日光市から戻った際には焼け野原となった東京を見て大きな衝撃を受けた。即位後10年の会見(1999年)では「私は戦争の無い時を知らないで育ちました」と振り返っている。  こうした「原体験」もあり、皇太子時代には「どうしても記憶しなければならないこと」として、沖縄戦終結の日、広島、長崎の原爆の日、終戦記念日の四つの日を挙げた。その日には犠牲者に思いをはせ、黙とうを欠かさず行ってきた。  終戦50年となる95年には、慰霊のため皇后さまとともに長崎、広島、沖縄、東京を相次いで訪問。05年には慰霊目的での初の海外訪問となるサイパン、15年にはパラオも訪れ、慰霊碑に深々と頭を下げた。  慰霊だけでなく、戦争で苦労した人々への配慮も忘れない。旧満州に開拓団として渡り、戦後引き揚げた人たちの入植地となった長野県軽井沢町の開拓地は、皇太子時代から家族を連れてたびたび訪問。「入植はご苦労多かったでしょう」(15年8月)などとねぎらいの言葉を掛けた。  こうした思いは、次世代の皇族にも引き継がれている。皇太子ご一家は毎年、終戦記念日など四つの日には黙とうをささげ、長女愛子さまは中学校の卒業文集で広島の原爆ドーム訪問を機に平和への願いを強くした経緯をつづった。秋篠宮ご夫妻も、長男悠仁さまを連れて沖縄などを訪れている。  . 【関連記事】 平和への強い思い表現=陛下、最後の追悼式「お言葉」で−終戦記念日 平和の願い、継承を=両陛下に感謝、新天皇に期待−被爆地、沖縄・終戦記念日 【特集「平成」】両陛下の即位後の歩み 慰霊の姿「胸に焼き付ける」=両陛下最後の戦没者追悼式−フィリピン戦遺族 【特集】「特攻拒否」貫いた芙蓉部隊 最終更新:8/15(水) 16:08 時事通信
    | - | 20:24 | comments(0) | - |