CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 2日に1回発生! 減らない高速道の「逆走」 万が一遭遇したときの対処法とは?・・・65歳以上って、深刻なことですね! | main | 山のリスクをITで減らせるか―― 「行方不明」を防ぐ最新技術・・・勝手で山に入るなら自分の遺体は確実に家族に渡るようにしておくべき!! >>
「戦争責任のこと」昭和天皇、晩年の苦悩・・・責任を一身に感じられる「重さ」!
0
    「戦争責任のこと」昭和天皇、晩年の苦悩 8/23(木) 14:18配信 読売新聞 「戦争責任のこと」昭和天皇、晩年の苦悩 公開された昭和天皇の元侍従の日記(23日午前、東京都港区で)  1987年(昭和62年)4月、85歳だった昭和天皇が先の大戦の戦争責任に言及されることに苦悩していたとの記述が元侍従の小林忍氏の日記に残されていたことがわかった。昭和天皇の発言として「仕事を楽にして細く長く生きても仕方がない。辛(つら)いことをみたりきいたりすることが多くなるばかり。兄弟など近親者の不幸にあい、戦争責任のことをいわれる」と記されている。  日記は小林氏の遺族が23日に公開した。87年4月7日の欄に「昨夕のこと」として、戦争責任を巡る発言が書かれている。高齢となった昭和天皇の負担軽減が検討される中で、当直の侍従だった小林氏に語ったとされる。「兄弟など近親者の不幸」とは、2か月前の同年2月に弟の高松宮が亡くなったことなどを指すとみられる。  昭和天皇の気弱な発言に対し、小林氏は「戦争責任はごく一部の者がいうだけで国民の大多数はそうではない。戦後の復興から今日の発展をみれば、もう過去の歴史の一こまにすぎない。お気になさることはない」と励ましたと書かれている。  この時のやりとりについては、すでに公表されている卜部(うらべ)亮吾・元侍従の日記でも、4月7日の欄に「長生きするとろくなことはないとか 小林侍従がおとりなしした」と、同じ趣旨の記述がある。 . 【関連記事】 外国人少年写真家が撮影…甦った「150年前の日本」 白洲次郎、70年後に見えてきた意外な事実 大本営発表はなぜ「ウソの宣伝」に成り果てたか 1946年の憲法公布、そのとき昭和天皇は 「縄文人」は独自進化したアジアの特異集団だった! 最終更新:8/23(木) 17:05 読売新
    | - | 20:30 | comments(0) | - |