CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 携帯大手「もうけ過ぎ」批判=増える家計負担・・・したい放題とはこのこと、独占的な企業は問題にすべき!! | main | 石破氏、地方を重視「石破ビジョン」発表 社会保障も・・・五分五分で勝負、が最高です!! >>
秋田のクマ、推定生息数の6割捕殺 「前代未聞」懸念も・・・日本人は森と共存してきたのでは?
0
    ★ヨーロッパ人は、文明を栄えさせるために、森を伐採して畑にした。日本人は森をできるだけそのままに活用して、その森の生物とも共存してきた。クメも、生息数と狩猟数の調整を自然にやってきたはず。それがどこかで狂ってしまったのか。昔なら熊の胆が高価だったので逆に大事にしたのかもしれないが、今は単に、人間に危害を与える凶暴な動物という見方しかできないのか。「共存」こそ日本人の得意技だ。対自然にも発揮してほしいものだ。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 秋田のクマ、推定生息数の6割捕殺 「前代未聞」懸念も 石川春菜 2018年1月7日19時07分 写真・図版 ツキノワグマ=北秋田市阿仁打当のくまくま園  秋田県内で今年度、ツキノワグマの捕殺数が前年度の1・7倍に急増し、推定生息数の6割弱にあたる817頭に上っている。自然保護団体が駆除の中止を求めているが、クマによる死傷者も2009年以降、最多の20人。住民の要請に応じた結果、捕殺数が増えたといい、県は人とクマの共存に頭を悩ませている。  ツキノワグマは、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで危急種に分類される。環境省によると、国内では九州で絶滅と考えられ、四国では絶滅の恐れがあるとされている。「日本熊森(くまもり)協会」(本部・兵庫県、会員・約1万7千人)は昨年10月、「根絶殺害に近い」と、秋田県の佐竹敬久知事に有害駆除と冬の猟の中止を強く求める要望書を提出した。熊森協会の森山まり子会長は「前代未聞の数でむちゃくちゃ。共存に取り組むのではなく、見つけたら殺さなあかんという流れがあまりに残念です」。  秋田での捕殺数は全国で群を抜く。環境省のまとめによると、今年度は昨年10月末時点で全国で最も多く、昨年度も全国最多の476頭。この10年で唯一、2年続けて300頭以上を殺した。今年度は冬の猟も9年ぶりに解禁し、解禁の昨年11月15日から12月末までに26頭を捕殺した。  ただ、県によると、12月末までの捕獲数は817頭に上り、すべて殺された。このうち、767頭は住宅地や農地への出没による「有害駆除」。増加は、住民の要請に応えた結果という。県警などによると、目撃頭数(12月末まで)も過去最多の延べ1500頭余。クマによる死者が1人、重傷者が5人出ており、死傷者数は計20人に上る。例年は山に食べ物が少ない夏に出没が多いが、ドングリ類が凶作で、昨年は秋も目撃が多かった。県自然保護課は「人が襲われる事故も多く、生活圏の近くで目撃され、住民から求められれば、対応せざるをえない」という。
    | - | 10:33 | comments(0) | - |