CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< この2人に対する見方(HINT)・・・・・「安倍VS石破 総裁選で二人が見せた5つの違い」・「古賀茂明「安倍氏と石破氏のどっちが危険? 大手マスコミに代わり判定する」 | main | 養豚場の経営者「ばたばた死んで、パニックに」・・・近くに感染したイノシシが発見されたとか!! >>
アメリカ同時多発テロから17年 約1万人の人々が9.11関連の癌に 今も9.11は終わっていない・・・きわめて謎の多い事件でした!!
0
    アメリカ同時多発テロから17年 約1万人の人々が9.11関連の癌に 今も9.11は終わっていない 飯塚真紀子 | 在米ジャーナリスト 9/11(火) 14:39 有毒ダストに起因すると考えられる癌に罹患するファースト・レスポンダーが増加。(写真:ロイター/アフロ)  9795人。  これは、今年6月30日までに、9.11関連と考えられる癌に罹患していると診断された人々の数だ。世界貿易センターヘルスプログラムが調査した数字で、ニューヨーク・ポスト紙が報じた。  同プログラムは同時多発テロのファースト・レスポンダー(災害や事故で負傷した人々に最初に対応する救助隊・救急隊・消防隊・警察など)やサバイバーたちの健康状態をモニタリングしており、登録者数は89000人を超えている。つまり、登録者の約11%が9.11関連と考えられる癌と診断されたことになる。  すでに癌で亡くなった人々の数は約420人。ファースト・レスポンダーやダウンタウンに勤務していた人々、居住者など1700人以上の人々が、9.11に関連する要因でこれまでに亡くなったが、うち、25%近くの人々が癌で亡くなったことになる。  約1万人という、9.11関連の癌に罹患した人々の数を考えると、今後、同時多発テロ以降に癌で亡くなる人々の数が、9.11当日の犠牲者数(約3000人)を凌ぐのは必至かもしれない。  アメリカ同時多発テロから17年。今も、9.11は終わっていない。 最大30%も高い癌罹患率  癌の原因と考えられているのは、ビル崩壊により生じた有毒ダストだ。ダストは粉砕したコンクリートや燃えたジェット燃料、焼けたコンピューターなどの機器類に由来しており、アスベストやベンゼン、PCB、様々な化学物質(400種を超えると言われている)などが混入した、実体の知れない“化学物質のカクテル”のようなものだという。約9万人の人々が、有毒ダストを吸引したと言われている。  特に、癌に罹患しているのは、現在、平均年齢が約55歳となったファースト・レスポンダーたち。当時、米国環境保護庁は、グラウンド・ゼロの空気は安全だと発表していた。ファースト・レスポンダーたちもそれを信じて働き続けたわけだが、後に、空気は有毒なものであることがわかった。  世界貿易センターヘルスプログラムのマイケル・クレイン医師によると、ファースト・レスポンダーたちは、一般の人々と比べると、癌に罹患する率が最大で30%も高くなっているという。特に、甲状腺癌や皮膚癌に罹患する率が高く、膀胱癌になるリスクも高い。  また、サバイバーたちも、非常に高い率で、乳癌や非ホジキンリンパ腫に罹患している。 9.11関連の癌とその罹患者数(2018年6月30日時点のデータ。赤がファースト・レスポンダー、青がサバイバー)。左から、非黒色腫皮膚癌、前立腺癌、悪性黒色腫皮膚癌、甲状腺癌、乳がん(女性)、リンパ腫、肺や気管支の癌、腎癌、白血病、大腸癌、膀胱癌、骨髄腫、中咽頭癌、乳癌、直腸癌。出典:WTC Health Program 9.11関連の癌とその罹患者数(2018年6月30日時点のデータ。赤がファースト・レスポンダー、青がサバイバー)。左から、非黒色腫皮膚癌、前立腺癌、悪性黒色腫皮膚癌、甲状腺癌、乳がん(女性)、リンパ腫、肺や気管支の癌、腎癌、白血病、大腸癌、膀胱癌、骨髄腫、中咽頭癌、乳癌、直腸癌。出典:WTC Health Program 消防士の多くが癌に    ファースト・レスポンダーの中でも、消防士の多くは有毒ダストに起因する癌で亡くなった可能性が高い。テロ以降亡くなった182人のニューヨーク市消防局(FDNY)の消防士のうち、100人以上が癌で亡くなっている。  6月には、消防士のチーフとしてヒーローとなったロナルド・スパダフォーラ氏が亡くなった。享年63歳。2015年12月に、急性骨髄性白血病という宣告を受けていた。スパダフォーラ氏は亡くなる前、こう書いている。 「近年、火事により放出される有毒物質が増えているため、この20年は、癌で亡くなる消防士の数が激増している。自分は無敵だと思っていたが、間違っていた。消火活動をしたり、世界貿易センタービルで救援復旧活動をしたりしたために命が失われることになった」  また、FBI調査員の場合、9.11当日に亡くなった調査員は1名だったが、その後の現地調査に携わった調査員で、有毒ダストに起因すると考えられる癌で亡くなった者は15人(今年8月時点)もいるという。 癌は何年も経ってから発症  9.11関連の癌に罹患する人々の数は今後、増加の一途を辿りそうだ。  クレイン医師は現在の状況について「ファースト・レスポンダーたちは最初は喘息など呼吸器系の病気を患います。そして、何年も経ってから、有毒ダストが原因の癌を発症するのです。今は癌発症が起きている状況だと思います」と話している。  また、専門家の中には「癌を発症した人々は15%にも達しておらず、まだ初期段階だ」と今後の増加を確実視する医師もいる。 自殺に追い込まれたファースト・レスポンダーも  ファースト・レスポンダーは癌などの疾患に苦しんでいるだけではない。PTSDや悪夢にも苦しんでいる。彼らが見るのは、高層ビルから飛び降りて来る多数の“ジャンパー”たちのフラッシュ・バック。人々を避難させるのが危険なほど、たくさんのジャンパーが世界貿易センタービルのタワー1とタワー2の間に飛び降りたからだ。地面に落ちて来たジャンパーを“トマトのようだった”と表現するレスポンダーもいる。  修羅場を見たニューヨーク市警のレスポンダーの中には、鬱病やPTSDに苦しんだ者もいた。しかし、署内のカウンセラーに相談することはなかった。相談すると、第一線の現場の仕事からデスクワークなどの閑職へと配置転換される可能性があるからだ。そのため、どんなに苦しくても心が壊れるまで働き、遂には自殺に追い込まれてしまったという。  いつまでも爪痕を残し続ける9.11との戦いは、これからも続く。 屮張ぁ璽 侫轡Д 戰屮奪マーク 飯塚真紀子 在米ジャーナリスト 大分県生まれ。早稲田大学教育学部英語英文科卒業。出版社にて編集記者を務めた後、渡米。ロサンゼルスを拠点に、政治、経済、社会問題、トレンドなどをテーマに、様々な雑誌に寄稿している。ノーム・チョムスキー、ロバート・シラー、ジェームズ・ワトソン、ジャレド・ダイアモンド、エズラ・ヴォーゲルなど多数の知識人にインタビュー。著書に『9・11の標的をつくった男 天才と差別ー建築家ミノル・ヤマサキの生涯』(講談社刊)、『そしてぼくは銃口を向けた」』、『銃弾の向こう側』、『ある日本人ゲイの告白』(草思社刊)、訳書に『封印された「放射能」の恐怖 フクシマ事故で何人がガンになるのか』(講談社 )がある。 makiko_iizuka makiko.iizuka official siteofficial blog飯塚真紀子の“アメリカなう” 飯塚真紀子の最近の記事 “最後の20ドル”で人助けをしたホームレス 彼を支援するために集まった40万ドルの寄付金は何処へ?  9/9(日) 14:04 トランプ氏は暴露本の著者を評価 “NYタイムズ論説文寄稿犯”はペンス副大統領か? 9/7(金) 7:58 トランプ氏の元顧問弁護士、真実のために寄付金集めを開始 トランプ氏を裏切った2つの理由とは? 8/26(日) 13:34 トランプ氏に落とされた“二つの爆弾” “腹心の部下”、遂に裏切る 大統領弾劾に至るのか? 8/23(木) 7:47 飯塚真紀子の記事
    | - | 14:47 | comments(0) | - |