CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 東京大、英語民間試験の成績提出必須とせず 新大学入試・・・東大が「意地」をみせたか? | main | 台風24号 去年の台風18号と同様に、日本列島を縦断し広範囲で暴風か・・・列島直撃になりそう!!要注意ですぞ!! >>
ハンコよさらば! 茨城県庁の決裁、ほぼ100%電子化・・・日本の縄文時代からあるハンコを捨てるのですか?
0
    ハンコよさらば! 茨城県庁の決裁、ほぼ100%電子化 9/24(月) 5:10配信 朝日新聞デジタル  ハンコよ、さらば――。茨城県は、これまで紙文書で占められていた県庁の決裁事務について、電子決裁率がほぼ100%に達した、と発表した。県ICT戦略チームによると、都道府県レベルでは初とみられる。  同チームによると、県庁では年間26万〜27万件の決裁事務があり、昨年度の電子決裁率は11・8%にとどまった。電子決裁のシステムは以前からあったが実施率が低かったのは、「公務員特有の文書主義が原因」(担当者)という。  しかし、IT企業出身の大井川和彦知事が昨年9月に就任し、4月から電子決裁による作業効率化を高めるよう指示。その結果、7月分の電子決裁率は99・1%を達成した。残り0・9%(約200件)を分析したところ、いずれも今後は電子決裁が可能だと確認できたという。  電子決裁のメリットは、文書ファイルの検索・再利用が容易となる▽ペーパーレス化で書棚スペースを削減できる▽出張先など庁外でも決裁作業ができるため在宅勤務を進められる――などだ。  特に期待されているのが、文書保管後の書き換えができなくなり、改ざんを防げることだ。現在開会中の県議会で、大井川氏は「公文書の適切な管理は将来の説明責任を全うするためにも重要。電子決裁率を高めることで、改ざん防止の効果が期待できる」などと答弁し、電子化の推進に意欲をみせた。 . 朝日新聞社 【関連記事】 私大卒に「よく入れたねえ」 官僚たちの出世レース 夫と同居あの世で…樹木希林の語る半生「上出来でした」 チケット買い占め、ボットが9割の例も 業者を訪ねた 工務店主「これが最後」と建てた自宅、評判呼び注文殺到 新函館北斗駅、にぎわい遠い駅前 「営業するほど赤字」 最終更新:9/24(月) 12:04 朝日新聞デジタル
    | - | 20:10 | comments(0) | - |