CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 入試共通テスト、「利用したい」大学7割どまりに・・・しんどいことをしなくなった大学はもうダメではないでしょうか? | main | <政府>65歳以上継続雇用へ法改正検討 社会保障費を抑制・・・かわいそうに、今の人たちは年金は75歳からになりますね! >>
IMF専務理事、アベノミクスの見直しを要請 女性労働問題にも言及・・・そりゃあ、そうでしょう!
0
    IMF専務理事、アベノミクスの見直しを要請 女性労働問題にも言及 10/4(木) 20:28配信 AFP=時事 IMF専務理事、アベノミクスの見直しを要請 女性労働問題にも言及 東京の首相官邸で握手する、安倍晋三首相(右)と国際通貨基金のクリスティーヌ・ラガルド専務理事(2018年10月4日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News 【AFP=時事】来日中の国際通貨基金(IMF)のクリスティーヌ・ラガルド(Christine Lagarde)専務理事は4日、根強い低インフレと成長の鈍化、急速な高齢化に直面している世界第3位の経済大国である日本に対し、経済政策の全面的な見直しを促した。 【関連写真】会談に臨む安倍首相とラガルド氏  ラガルド氏は、超金融緩和政策に財政刺激策と構造改革を併せた安倍晋三(Shinzo Abe)首相の「アベノミクス(Abenomics)」を「新たな目」で見直すよう要請。 「政策の見直しが必要になってくるだろうと考えている。われわれの見解としては、基本方針は引き続き妥当であるものの、拡大し、持続させ、加速させる必要がある」と指摘した。  また、日本の経済と人口の両方の規模が今後40年間で4分の1縮小するとの予測に触れ、日本が直面している経済問題は「人口の高齢化と縮小が続く以上、大きくなる一方だろう」と警告した。 ■労働市場での男女格差是正に向け「もっと多くのことがなされ得る」  さらに、世界で最も高い地位にある女性の一人で、女性の権利向上を強く訴えているラガルド氏は、日本の労働市場における男女格差是正に向け「もっと多くのことがなされ得る」と述べた。  安倍首相は、女性の労働力を増やそうと「ウーマノミクス(Womenomics)」を経済政策の中心に掲げてきたが、今週発表された内閣改造で女性閣僚は1人にとどまり、批判が集まっている。  ラガルド氏は、女性の就労を促してきたことについては評価する一方、「日本の女性の長期雇用を奨励することは、間違いなく今日の課題への対応策の一つになる」という見方を示した。  世界経済フォーラム(WEF)が発表した最新の世界男女格差年次報告書(Global Gender Gap Report)によると、日本は先進7か国(G7)で男女格差が最も大きく、世界全体では114位。特に経済と政治分野における女性の参画度が低かった。  衆議院の定数465人中、女性議員はわずか47人で、割合にすると10.1%。列国議会同盟(IPU)の調べによると、下院の女性議員比率だけを比較した場合、日本はミャンマーやガンビアよりも低いという。【翻訳編集】 AFPBB News . 【関連記事】 日米、貿易交渉開始で合意 トランプ大統領、安倍首相と会談 日本とEU、経済連携協定に署名 「保護主義に立ち向かう」 米財務省、山口組幹部4人と関連2社に制裁 消費増税が関門=少子高齢化の対応急務−安倍改造内閣・内政課題 財政と金融、細る余力=日米通商交渉が重しに 最終更新:10/5(金) 6:12 AFP=時事
    | - | 11:50 | comments(0) | - |