CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 小泉進次郎「化けの皮」が剥がれた?(新田哲史)・・・自民党議員のスター性は怪しい限り?? | main | 6大学医学部で不適切入試か 文科省が説明求める・・・これで私大医学部はドロドロが判明、この上に国公立大で出ると医者の信頼度はどうなる? >>
<つがる4人死亡>危険運転立件へ本格捜査 容疑者を送検・・・検察の腕に期待するしかない希なケースか?
0
    <つがる4人死亡>危険運転立件へ本格捜査 容疑者を送検 10/24(水) 9:12配信 毎日新聞 <つがる4人死亡>危険運転立件へ本格捜査 容疑者を送検 送検される高杉容疑者を乗せた警察車両=青森県五所川原市で2018年10月23日、藤田晴雄撮影(画像を一部加工しています)  青森県つがる市の国道で9月、車4台が絡み4人が死亡した事故で、県警は23日、同市の団体職員、高杉祐弥容疑者(32)を自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)容疑で青森地検に送検した。高杉容疑者が「酒は飲んだが、正常に運転できない状態ではなかった」と説明していることも捜査関係者への取材で判明。しかし、体内からは基準を大幅に上回るアルコールが検出されており、県警は危険運転に当たるとみて本格的な調べを進める。【岩崎歩、藤田晴雄】 【写真特集】ああ無残…フェラーリ8台など多重事故で大破  自動車運転処罰法は、危険運転に当たる行為として、アルコールや薬物の影響で正常な運転が困難な状態▽制御することが困難な高速度▽赤信号を殊更に無視し、重大な危険が生じる速度−−で走行、など六つを規定。県警は容疑者が「アルコールの影響で正常な運転が困難な状態」だった疑いが強いとして、危険運転致死傷容疑を適用した。危険運転致死で有罪になれば最高で懲役20年だ。  捜査関係者によると、高杉容疑者は県警に対し、飲酒運転を認めた上で「正常に運転できない状態ではなかった」と危険運転行為について否認している。だが、体内から検出されたアルコールは基準を大幅に上回り、数値は「明らかにまともな運転ができない量」(捜査関係者)で「相当なもの」(同)だったといい、県警は正常な運転は困難だった疑いが強いと見ている。  ◇飲酒の影響、立証に壁も  一方で、危険運転致死傷罪は立証が難しい事件の一つだ。例えば酒を飲んでも受ける影響には個人差があるなど、正常な運転ができないと証明するには壁もある。  北海道旭川市で2016年に起きた38歳女性の死亡事故では、高裁が飲酒運転をしていた被告の危険運転を認定したが、地検は当初「正常な運転ができなかったとの立証が困難」として危険運転致死罪の適用を見送り、その後に遺族の要望を受けて訴因変更するなど判断が揺れた。  11年の最高裁決定は「アルコールの影響で正常な運転が困難な状態」とは「アルコールの影響で道路交通の状況などに応じた運転操作を行うことが困難な心身の状態」としている。高杉容疑者は飲酒運転で制限速度(時速50キロ)を数十キロ超える猛スピードで現場を走行、前方の軽乗用車に追突したとされる。県警はこうした状況が危険運転にあたるとみて慎重に捜査するとみられる。 . 【関連記事】 <「飲酒したが正常に運転」基準値は大幅超> <被害者が飲酒とネット上で中傷 県警が否定> <車大破 住民ら衝撃「見通し良い直線なぜ」> <交通事故>起こしたとき絶対やるべき5つの対応とは <電柱ワイヤ激突>バイク男性、上半身切断し線路に
    | - | 11:35 | comments(0) | - |