CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 微小プラ 世界の水道水に 繊維由来か 日本は調査せず/<ウィーン医科大研究>8カ国の人の便からプラスチック | main | プラごみ削減、官民で加速 成長産業化狙う・・・石油産業の育成に血眼になってきた旧通産省の罪も大きいのでは? >>
スズメバチ、今季は激増? =暖かい春、早い巣作り―専門家「静かに逃げて」・・・2回目に刺されると死ぬかもしれません!!
0
    スズメバチ、今季は激増? =暖かい春、早い巣作り―専門家「静かに逃げて」 10/27(土) 4:48配信 時事通信 スズメバチ、今季は激増? =暖かい春、早い巣作り―専門家「静かに逃げて」 秋の行楽シーズンを迎え、スズメバチ(写真)による被害増を懸念する声が高まっている。今年は4月の気温が高く巣作りの時期が2週間ほど早まり、働き蜂が平年より激増している恐れがある=玉川大・小野正人教授提供  秋の行楽シーズンを迎え、スズメバチによる被害増を懸念する声が高まっている。  今年は4月の気温が高かったため巣作りの時期が2週間ほど早まり、羽化した働き蜂が巣中で平年より激増している恐れがある。豊作のキノコを求めて山林に入る人も多い中、専門家は注意を呼び掛けている。 湖畔にクモ大発生=ギリシャ  スズメバチは攻撃性が高く、何度も刺されると「アナフィラキシーショック」と呼ばれる呼吸困難や意識障害などを起こし死亡する危険もある。厚生労働省の人口動態調査によると、スズメバチを含むハチによる死者は2015年が23人、16年19人、17年13人と推移。長野県松本市では今年8月、自転車レースの参加者ら61人が刺された。今月8日には、長野市内でキノコ採りをしていた50代男性が刺され、一時意識不明になった。  ハチの生態に詳しい玉川大農学部の小野正人教授(応用昆虫学)によると、スズメバチの女王蜂は例年、4月末から5月初めにかけ巣作りを開始する。気象庁によると、今年4月の平均気温は、平年比で東日本が2.2度、西日本で1.7度それぞれ高いなど、全国的に高温となった。  その結果、巣作りが2週間ほど早まり、巣の維持に不可欠な働き蜂が育ちやすい環境になった。成長した巣は、梅雨期の降雨に耐えた上、記録的な猛暑によりさらに成長したとみられる。  秋は、女王蜂が新たな女王蜂や雄のハチを生むため、外敵を見張り巣を守る働き蜂が敏感で攻撃的になる。小野教授は「スズメバチは気温20度くらいなら活動可能なため、11月下旬までは注意が必要。巣がありそうな場所では、刺激を与えやすい黒い服や香水を避け、巣を見つけたら静かに後ずさりで逃げてほしい」と話している。  ◇スズメバチ対策の例  一、巣がありそうな場所に行く際は、黒い服や香水、整髪料などを避ける  一、長袖や長ズボンを着用し肌を露出させない  一、巣を発見したら、身をかがめ、後ずさりで静かに立ち去る  一、刺されたら全速力で巣から離れる  一、安全な場所に着いたら、患部を冷たい水で洗い流し、早急に医師の診断を受ける。  . 【関連記事】 猛暑が影響、来春の花粉多め=北海道少なめ、気象協会予測 キノコはハチの救世主? 抽出物にウイルスからの保護作用か 〔写真特集〕特別展「昆虫」 〔写真特集〕昆虫「変顔、面白顔」 【昆虫記者のなるほど探訪】タイ一番の滝とビキニと蝶 最終更新:10/27(土) 11:22 時事通信
    | - | 18:36 | comments(0) | - |