CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< スズメバチ、今季は激増? =暖かい春、早い巣作り―専門家「静かに逃げて」・・・2回目に刺されると死ぬかもしれません!! | main | マレーシア、プラごみ輸入禁止へ 中国禁止後に大量流入・・・先進国のゴミの引き受けはカンベンして! >>
プラごみ削減、官民で加速 成長産業化狙う・・・石油産業の育成に血眼になってきた旧通産省の罪も大きいのでは?
0
    ★ われわれの体の中に日々、食べ物から大量に「摂取すべきでないもの」を取り入れざるを得ない状況で取り入れています。野菜や果物の残留農薬、食料品や化粧品などに含まれる薬品類、空気中の健康阻害物質などはすでに指摘されていますが、最近のことですが、食物連鎖の中で、徐々に底辺から頂点間での生き物にミクロ単位に微細化されたプラステイックが大量に摂取されていることが分かり、先日は、魚の内にも微細プラステイックが大量に含まれている例が報道されました。魚を食べると同時にプラステイックを食べることになるという、恐ろしい事態を招いています。魚でも広範囲で回遊する魚類は要注意ですね。いままで石油産業の育成やその取引分野である石油化学関連分野も強力に後押しをしてきました。この「ツケ」が、原発ばかりでなく大きいと思います。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ プラごみ削減、官民で加速 成長産業化狙う 10/28(日) 21:47配信 産経新聞  深刻な海洋汚染につながるプラスチックごみを削減する取り組みが加速している。政府はレジ袋の有料化義務づけのほか使い捨てプラスチック排出量の25%削減を目指す検討に着手し、外食チェーンはプラスチック製ストロー廃止に動き始めた。日本が議長国を務める来年の20カ国・地域(G20)首脳会議に向け、官民挙げてプラごみ削減で世界をリードしたい考えだ。  プラごみ削減について環境省は19日、中央環境審議会の小委員会にレジ袋の有料化を盛り込んだ素案を示した。容器包装リサイクル法などの関連法改正も視野に実施時期や義務化の対象などの具体策を議論し、年内にも大枠をまとめる。  使い捨てプラスチックの25%削減は2030(平成42)年までの達成を目指す。使用済みプラスチックは35年までに発電や廃熱活用を含め100%有効利用する。植物などを原料とするバイオ素材の利用拡大や、途上国へのリサイクル技術導入支援も示された。  農林水産省も29日、食品業界のプラごみ削減に関する有識者懇談会を立ち上げる。自主的な取り組み事例を収集・共有し、企業を後押しする方策を検討する。  今年6月の先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)で日本は国内法の未整備などを理由に、30年までにプラスチック包装の最低55%をリサイクル、再使用する目標を盛り込んだ「海洋プラスチック憲章」への署名を見送った。政府はこれを上回る取り組みを促して世界に存在感を示し、関連技術やインフラの売り込みにもつなげたい考え。  経済協力開発機構(OECD)によると、15年の世界のプラごみ発生量は3億トン超で1980年代から6倍に増えた。プラごみの約半分は使い捨ての包装・容器で中国の発生量が4000万トン超と最多だが、1人当たりの発生量では米国に次いで日本は2番目に多い。 . 【関連記事】 プラごみ削減 外食、プラ製ストロー廃止は大きな流れに、レジ袋有料化には静観 DBの生みの親 『ジャンプ』伝説の編集長が語る「嫌いな仕事で結果を出す方法」 ルンバが低価格路線に その理由とは NPOが出費ゼロで4億円の広告効果を達成 鍵はSNSとおにぎり!? 対中ビジネス好機か…進出企業の難しい経営判断
    | - | 09:43 | comments(0) | - |