CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< ネコの舌は「唾液のブラシ」 毛づくろいの秘密解明・・・「ネコは清潔だから・・・」ではすまない大事なネコ作業? | main | <地域づくり×移住>記者から「森林ガール」転身 山と海を守り育てる最前線に 岩手・・・この決断とこの行動力を見よ!! >>
<日産会長逮捕>派遣切りの男性「労働者犠牲の巨額報酬」・・・ノーコメントです!
0
    <日産会長逮捕>派遣切りの男性「労働者犠牲の巨額報酬」 11/22(木) 12:33配信 毎日新聞 <日産会長逮捕>派遣切りの男性「労働者犠牲の巨額報酬」 「会長の逮捕を機に日産は生まれ変わってほしい」と語る元派遣社員の阿部恭さん=川崎市で2018年11月21日午後1時26分、神足俊輔撮影  日産自動車は22日午後、取締役会を開き、金融商品取引法違反の疑いで逮捕されたカルロス・ゴーン容疑者(64)を代表取締役会長から解任するとみられる。「コストカッター」と呼ばれるほど厳しいリストラ策は多くの社員の人生を変えた。2008年のリーマン・ショック後、派遣切りに遭った男性はゴーン会長が手にした巨額の報酬を「労働者を犠牲にして得た金だ」と憤る。「自分たちはコストではない」という思いは、今も変わらない。 【写真特集】カルロス・ゴーン会長 写真で振り返る  男性は阿部恭さん(55)。大学でデザインを学び、大手自動車メーカーで正社員として働いた。退職して独立後、03年秋から日産の開発拠点、テクニカルセンター(神奈川県厚木市)で派遣社員として働いた。  任された仕事は車のデザイン。職場の同僚は、正社員、派遣社員の壁がなく、仲間として接してくれた。ゴーン会長の「開発を急げ」「発売を前倒しにする」といった一声で現場が混乱する様子も目にした。「ゴーンには右向け右、の会社なんだな」と感じた。それでも「日産の車を造っている」という誇りはあった。  状況が変わったのはリーマン・ショック翌年の09年2月。社内放送のテレビを通じ、ゴーン会長からリストラ策が発表された。技術職の自分は人員削減に含まれないと思っていたが、違った。派遣元の会社からは「日産の都合だ」としか言われなかった。納得いかず、日産側にも説明を求めたが、対応すらしてもらえなかった。  阿部さんは日産との団体交渉を求めて今も中央労働委員会で争っている。しかし、日産が解決のための話し合いに応じようとする気配はないという。  ゴーン会長が逮捕された19日夜に会見した日産の西川(さいかわ)広人社長が語った「1人に権限が集中しすぎた。ゴーン統治の負の遺産」という言葉に、疑問の思いも浮かんだ。独断を許したのは日産の体質そのものだったのではないか。「悪かったのは逮捕された2人だけではないはずだ。これを機に上層部が代わって日産にはまともになってほしい」と話した。【神足俊輔】 . 【関連記事】 <会長逮捕で仏紙が「日本人の陰謀」「日産が事件を利用」> <ゴーン会長逮捕>内部通報の背景に「不安」 <ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」> <閉鎖の工場地元「人情ない人と思ってた」> <ホンダ関係者「やったぜ日産 カルロス・ゴーン逮捕!」>投稿削除 最終更新:11/22(木) 13:57 毎日新聞
    | - | 14:44 | comments(0) | - |