CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< <日産会長逮捕>派遣切りの男性「労働者犠牲の巨額報酬」・・・ノーコメントです! | main | 神戸大、過疎地出身に有利な配点・・・このあと意図的配点操作は国公立大でも続々と出てくるでしょう! >>
<地域づくり×移住>記者から「森林ガール」転身 山と海を守り育てる最前線に 岩手・・・この決断とこの行動力を見よ!!
0
    <地域づくり×移住>記者から「森林ガール」転身 山と海を守り育てる最前線に 岩手 11/21(水) 15:00配信 植林体験で参加者に樹木の性質や山林整備の計画を説明する手塚さや香さん(左)。ヘルメットに長靴姿で現場を歩く  なぜ全国紙の記者を辞めて岩手に移住?もう何十回と聞かれたであろう質問にも丁寧に答えてくれた。「2011年に東日本大震災が起きて、自分も直接復興に携わりたいという気持ちが強くなったのが一番です。でも、最初に岩手に来た時から1次産業の魅力に引かれていました」  震災被害が大きかった岩手県の沿岸部釜石市に14年に移住した手塚さや香さん(39)。復興支援員として釜石地方森林組合で活動しており、三陸の豊かな山と海を守り育てる「森林ガール」として、復興の最前線に立つ。 ◇価値観広げた初任地での出会い  「ここは山火事現場なので、地面に栄養がなくなっているんですね。今日は、ナラの苗木を植林します。ナラは広葉樹なので、葉が落ちるとそのまま栄養になるんです」  リアス海岸の造形美を臨む釜石市尾崎半島の林野。昨年、約400ヘクタールを焼いた大規模な山火事現場を、ヘルメット姿で歩く手塚さん。この日は、6年前から毎年復興支援活動で釜石市を訪れている神奈川県の千代田化工グループの6人が植林活動に精を出した。  「ありがたいですよね。震災から7年たってもこうして足を運んでくれるのは」。手塚さんはすっかり地元釜石市民の目で作業を見つめる。早朝から荷物を積んだワゴン車に6人を乗せ、急勾配の斜面を運転して現場にやってきた。  埼玉県出身の手塚さんは01年、大手新聞社に入社。最初の配属が岩手の盛岡支局だった。記者として、社会人としてのスタートを切ったこの地での出会いが価値観を大きく変えた。  全校児童10人にも満たない山奥の分校を支える地域の人々。黙々と海に対峙(たいじ)する漁師の姿。「自分が知っていると思っていた世の中は一部だった」。豊かさの物差しは、出会いの数だけ見つかった。特にも魅力的に映ったのが、農業や漁業、林業の現場。「これだけ海や山が身近にあって、暮らしに根付いているのはすごい」 ◇「もっと復興に携わりたい」  その後、東京や大阪本社で学芸分野を担当していたころに起きた東日本大震災。「すぐに駆け付けたい」という気持ちを抑え、ボランティアや取材の機会をつくっては被災地に通い続けた。  希望がかなって13年、2度目の盛岡支局着任。震災のニュースが減る一方で、思うように復興が進まない現場を目にするうち、報道とは違う形で携わりたいとの思いが募った。「今の1次産業に不足している部分で、力になれることがあれば役に立ちたい」 <地域づくり×移住>記者から「森林ガール」転身 山と海を守り育てる最前線に 岩手 11/21(水) 15:00配信 商品開発も手掛ける。山火事被害にあったスギを活用し、県内の漫画家とのコラボにより実現した「一本歯半分下駄」(上)と、間伐材を活用した虎舞ラガーキーホルダー  釜石市がリージョナルコーディネーター(復興支援員、通称・釜援隊)として釜石地方森林組合で活動する人材を募集していることを知り、転職を決意した。「釜石の森林組合は、コスト意識も高く、全国的にも先進的な取り組みを進めている組織。震災で多くの役員や職員を失いながら、これだけ質の高い仕事を続けてきたのかと、来た当初は驚きました」と気を引き締める。  主な仕事は、林業の担い手を育むスクールの運営、植樹体験や視察の受け入れ、企業と共に取り組む森づくりなど、情報発信や調整役として奔走する。  木材の活用方法を広げることも仕事の一つ。19年ラグビーワールドカップ(W杯)の開催地である釜石市内のスタジアムには、山火事被害に遭ったスギを使ったベンチ約5千席を設置した。キーホルダーなどの商品開発も行うが、加工までの過程を地域の業者が担うことによる「仕事の創出」に力点を置く。 ◇移住者としての視点を生かして  森林組合の仕事の他、ライフワークとして続けているのが、移住の「リアルな声」を届けること。同世代の仲間とつくった任意団体「岩手移住計画」のメンバーとして、会員制交流サイト(SNS)での発信やイベントの開催を通して、UIターン者のネットワークづくりや、定住のサポートを行っている。  持ち前のアンテナの高さやフットワークを生かし、キーマンとの人脈も幅広い。岩手県が主催する移住体験ツアーなどの業務を受託し、県内各地の魅力的な人や取り組みを紹介するツアーのプランニングもこなす。  地方活性や移住促進をテーマとした盛岡や東京でのシンポジウムに声が掛かることも。そんなとき口にするのが「岩手こそ複数拠点、複数稼業」という提言だ。 「岩手移住計画」のメンバーとして参加した「みんなの移住ドラフト会議」。全国からUIターンの若者らが集ったユニークなイベント=2017年11月  「地方に移住して地域とつながりたい、ネットワークを広げたいと考えている若い世代は多いのに、求人条件だけではイメージするライフスタイルを描きづらい」と代弁。「本業以外でも、得意分野を生かしながら、地域に役立つ活動が仕事として成り立てば、生計を立てる足しになるのでは」と自らもロールモデルとして実践する。だからこそ、復興支援員の任期が終わる20年度以降、自分はどのような働き方ができるのか、考えを巡らせる。  ライターとして文章を書く仕事も続けている。ウェブメディアや冊子、釜石市内で発行される新聞のコラムも執筆。釜石地方森林組合の久保知久代表理事組合長は「地元に長く住むわれわれとは違った視点で復興を捉えるコラムに、ハッとさせられる」と活動を見守る。  震災が起きた3月が近くなると、釜石市にも全国からマスコミがどっと訪れる。震災の頃には学生だった記者がいたり、目に見えて被災した建物が減ったことなどに理解を示しながらも「年々、不用意な質問をする記者が増えている」と懸念する。 <地域づくり×移住>記者から「森林ガール」転身 山と海を守り育てる最前線に 岩手 11/21(水) 15:00配信 虎舞やみこしなど、釜石の郷土芸能にもほれ込む。「普段お会いしている人たちが踊っている姿を見ると、こうして地域の伝統芸能が支えられているんだと実感します」  釜石市は震災で千人を超える死者・行方不明者を出し、家屋倒壊は約3600棟。「目の前の相手が家族や家を失ったかもしれないということを、震災直後は配慮しながら取材していたのに、想像力がなくなって無神経な質問が出てしまうのでは」。この夏まで仮設住宅に暮らした市民として、言葉に力を込める。  移住して4年。被災地への寄り添いを超えて、地に根を張って自然体で釜石ライフを過ごす手塚さん。これからも自分だけの視点で「古里」を見つめていく。 -------------------------------- 1次産業の人材育成に力  国勢調査によると、全国で「農業・林業」に従事する人の割合は2000年の4.7%から15年には3.5%に減少。担い手の高齢化も課題となっている。政府は国内の森林整備に向けて、1人当たり千円を負担する「森林環境税」を設けて、国が自治体に配る方向で調整している。  岩手県では国に先がけて06年度から「いわての森林づくり県民税」(1人あたり千円負担)を導入。17年度までの税収は87億円を超え、1万5千ヘクタールを超える森林の整備に充てている。  一方で財源確保と同時に欠かせないのが林業に関わる人材そのものを増やしていくソフト面でのバックアップだ。  手塚さんが事務局を担当する釜石地方森林組合の釜石・大槌バークレイズ林業スクールは、若い世代に林業の魅力を伝え、多様な知識やスキルを身につけた人材の育成を目指す。英国に本社を置く世界的な金融機関バークレイズグループが復興支援として協力し14年に開校。全国でも珍しい民間主導の林業の人材育成事業として「学びの場」を提供する。  これまで90人が受講し「林業の現場を深く知ることができた」「現在の仕事の参考になった」などの知識向上やスキルアップの声が多く寄せられているほか、林業関係への就業や、担い手育成団体に参画する人材も出るなど成果を生んでいる。 連載「地域づくり×移住」 地方創生の重要性がうたわれるなか、人材の確保や定着が課題となっている。岩手日報とYahoo!ニュースの共同企画「地域づくり×移住」では、実際に移住して「地域を創っている」さまざまな若手に焦点を当て、地方創生の最前線の様子を3回連載でお伝えします。
    | - | 14:49 | comments(0) | - |