CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 光秀恨む女の霊 神社に残る戦国悲話/兵庫・丹波市・・・歴史は「創作」であるというが・・・! | main | UFOって本当にいるの? 乗っているのは何者? 月刊『ムー』編集長に聞いてきた・・・最近元米大統領オバマ氏が言ったとか言わなかったとか・・・? >>
市立中教諭「過労死」と遺族申請 残業、月平均175時間か・・・これはもう、メチャクチャ!!
0
    市立中教諭「過労死」と遺族申請 残業、月平均175時間か 12/3(月) 12:04配信 西日本新聞 市立中教諭「過労死」と遺族申請 残業、月平均175時間か イメージ(写真と本文は直接関係ありません)  大分県佐伯市立中学校の男性教諭=当時(50)=が2017年6月に急死したのは「過労死」だったとして、遺族が11月30日、公務災害の認定を地方公務員災害補償基金県支部に申請した。男性は部活動の指導などに追われ、直前3カ月の時間外労働は月平均175時間に上ったという。 【画像】学校や教員の仕事  県教職員組合によると、男性は同年6月4日朝、急性心筋梗塞の疑いで同市内の自宅で死亡した。数学担当で、1年の学年主任や女子バレーボール部の顧問も務めていた。平日は登校指導のため、午前7時ごろに出勤。放課後は部活動の指導が終わる午後6時半ごろから授業の準備などを行い、午後9時すぎの退勤が多かったという。休日も部活動の練習試合の引率などを行っていた。  学校には勤務時間を記録するタイムレコーダーなどはなく、当時の校長、同僚の証言などから、遺族らが男性の勤務時間を算出。直前3カ月の時間外労働は月平均175時間で、「過労死ライン」とされる月100時間を超えていた。4月1日からは35日間連続で勤務していたという。 . 西日本新聞社 【関連記事】 部活顧問「強制」に悲鳴 35連勤で体調不良、保護者からはクレーム… 「娘の死を無駄にしないで」届かなかったSOS 過労死の教諭 ブラック企業、現場の叫び「でたらめの給与明細」 「うちの子はなぜレギュラーじゃないのか」部活動へのクレームも 「たからの水」で洗車はやめて!住民困惑 注意すると「誰でもやっている」開き直りも 最終更新:12/3(月) 14:23 西日本新聞 .
    | - | 15:13 | comments(0) | - |