CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< ローソン「悪魔のおにぎり」1000万個超え 王者ツナマヨ抜き・・・ついに「ツナマヨ」を抜いたのですか? | main | 【平成家族】一人で老いる「没イチ」に子ができることは 妻に先立たれた元企業戦士、夕食時は繁華街に・・・「没イチ」ってご存知でしたか? >>
「Google翻訳」、ジェンダーバイアス排除のため性別の選択が可能に・・・紙の辞書にはhe or she:he/sheなどと書いていますがその順番まで問題になるとは!!
0
    「Google翻訳」、ジェンダーバイアス排除のため性別の選択が可能に 12/7(金) 11:36配信 ITmedia NEWS 「Google翻訳」、ジェンダーバイアス排除のため性別の選択が可能に 英語のsurgeonのフランス語への翻訳結果  米Googleは12月6日(現地時間)、Webアプリ版の「Google翻訳」で、検索結果で性別を選べるようにしたと発表した。まずは英語からフランス語、イタリア語、ポルトガル語、スペイン語への翻訳と、トルコ語から英語への翻訳で実施した。将来的にはサポートする言語を増やし、iOSおよびAndroidアプリ版にも反映させていく。 翻訳結果を「彼/彼女は医師です」から選べる  例えば「surgeon(外科医)」という英単語を単語に性別があるフランス語に翻訳すると、従来は男性名詞の「chirurgien」しか表示されなかったが、現在は女性の外科医を表す「chirurgienne」も表示される。  また、三人称に性別のないトルコ語から性別のある英語などに翻訳した場合も、2種類から選べる。  Google翻訳の翻訳は、既存のWeb上の翻訳サンプルなどで訓練されているため、「医師」は男性、「看護師」は女性というような人間の「ジェンダーバイアス」が反映されてしまっているという。男女別翻訳はそれを回避するための対策だ。  なお、翻訳結果での男性と女性の表示順は性別を表す単語をアルファベット順になっている。例えば、英語の場合は「feminine」(女性)が「masculine」(男性)より上になる。  Googleはまた、検索クエリのオートコンプリートなどでのジェンダーバイアスについても対策していくとしている。 . ITmedia NEWS 【関連記事】 「Google翻訳」、「履歴」ボタンやウィンドウズサイズ変更対応などのデザイン変更 Google翻訳が進化 日本語にもニューラルネット適用、自然な訳に APIも公開 「Google翻訳」アプリ、ディープラーニング採用で画像読み取りに20カ国語追加 Googleの従業員がセクハラの不適切対応に抗議デモ ピチャイCEOは改善を約束 最終更新:12/7(金) 11:36 ITmedia NEWS
    | - | 10:52 | comments(0) | - |