CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 不登校傾向の中学生は不登校の3倍、10人に1人は教室に居場所がなく・・・これは世の中の縮図、少数派の尊重こそ、日本の将来を担保するはず! | main | いじめ 匿名でネットに書き込み、投稿者の情報開示命令・・・「いじめ問題」はモラルよりも、人間本性の問題。戦うしかない!そして、勝つこと!! >>
世界初、唾液のにおいで口腔がん診断 北九州市立大と九州歯科大開発・・・これはありがたい!!
0
    世界初、唾液のにおいで口腔がん診断 北九州市立大と九州歯科大開発 12/11(火) 9:15配信 西日本新聞 世界初、唾液のにおいで口腔がん診断 北九州市立大と九州歯科大開発 イメージ(写真と本文は直接関係ありません)  北九州市立大と九州歯科大(北九州市)の研究グループは10日、唾液に含まれるにおい成分から口腔(こうくう)がんを診断する技術を世界で初めて確立したと発表した。簡易で早期発見が可能な診断方法として期待され、臨床試験を経て、医療現場での実用化を目指す。 【グラフ】患者と死者が多い主ながん  グループによると、初期症状が出にくい舌がんなどの口腔がんは早期発見が難しく、転移しやすい。5年以上の生存率は50%以下とされる。国内の患者は増え続け、2016年は7675人が死亡した。  研究では、唾液のにおいのもととなる12種類の揮発性有機化合物が(1)口腔がん患者から検出できる成分(2)健康な人から検出できる成分(3)両方から検出できるが検出量に大きな差がある成分−の3群に分かれることを特定。患者12人と健康な人8人の唾液を分析したところ、ともに9割以上の確率で判別できた。  唾液の採取は体への負担が少なく、時間もかからないため、スクリーニングに効果的という。将来的には、息を吹きかけるだけでがんの診断ができる計測機器の開発も可能となる。  研究を主導した同市立大国際環境工学部の李丞祐(リスンウ)教授は「病気が持つ『におい情報』を明確にできたことが大きい。口腔がんに関係するにおい成分が特定できたように、肺がんや胃がんのにおいも特定できる可能性がある」と話した。 . 西日本新聞社 【関連記事】 5年生存率が最も低い「膵臓がん」 早期発見の取り組み 「職業がん」に注意 原因物質、皮膚を通し吸収も 41歳で「うつ病」と誤診、6年も誤った薬物治療 「まほうのみず」登場も 学校保健室から消える消毒液 「傷の治り悪くする」 カフェイン中毒ご用心 コーヒー1杯で気分が悪くなることも 最終更新:12/11(火) 12:45 西日本新聞
    | - | 21:32 | comments(0) | - |