CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 10連休のごみ処理など万全を=与党幹部、政府に要請・・・最近の観光地にはゴミは少なくなり、町村地元に大量の生活ゴミが! | main | 学生時代から変わらない安倍首相の頭の中・・・私たちはこのような「人」に国の運営を任せてきました! >>
メタボに苦しむタイの僧侶、半数近くが肥満とのデータも・・・タイの僧侶も無事に生きていくのは大変だ!
0
    ★ タイという国は、敬虔な仏教国だと聞いています。だから、人々も僧侶へのお布施を絶え間なくするのでしょう。そのお布施は、自分たちの幸せや先祖へのお祈りを修行しながら、日々してくれていると言うことに感謝の念を表しているのではないでしょうか?そのゆえに、僧侶はその思いのこもった、お布施を断ることはできないのですね。翻って、日本はどうでしょうか?そういう意味でのお布施はいつの間にか、檀家同士での分担金に変わっていますし、そ総代もなり手に困っていると言います。日本では、お寺を維持するのも難しい時代になっています。もともと、この檀家制度は、江戸幕府が考えついたシステムで、その後も政権者も都合外衣のでそれを放置あるいは強化した面があります。だから、「和尚は金儲けしか考えていない」「和尚は夜は飲み歩いているぞ」などと言われた時期があったのですね。しかし、今は、様々な事情で、お寺の経営は難しくなっています。一方で、神社本庁という団体に参加している神社は、政権も絡んだお金の巡りがあり、お寺と違って、裕福な神社が多いのです。だから、「あの神社は金儲けが上手だ」「あの神主は金の亡者だ」と言われることを耳にします。ひとまとめに「寺社」といいましたが、それぞれの事情は大きく異なっています。お寺では、亡くなった人の魂を沈めるために、また、国家安泰のためにお経を上げます。僧も修行します。当初の仏陀の説いた仏教からは今では大きく離れてしまっていても、我々は、その役割を十分に理解しています。感謝も自然にしています。しかし、神社の、神主は代々その家からしかその神社の神主にはなれないし、それなりの苦労あると思いますが、お寺に比べれば、その資金援助のシステムは相当の開きがあります。日本の国体を維持するために利用されたという面は十分に理解できます。日本人は「神さま」には弱いですからね。その神様とお話しできる神主には大いに敬意を払っています。  もとに話しを戻しますと、タイには日本の「神社」にあたる所はないのでしょうか? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ メタボに苦しむタイの僧侶、半数近くが肥満とのデータも 12/9(日) 10:35配信 タイ・バンコクで、王室関連の式典に出席し、信者から施しを受けた食べ物を持って歩く僧侶(2018年10月13日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News 【AFP=時事】タイの僧侶、ピピット・サーラーキットウィノン(Pipit Sarakitwinon)さん(63)は毎朝、寺の周りを歩き、腕のエクササイズを数百回行う。同国では肥満になる僧侶が増えているため、保健当局などが問題への対策に乗り出している。 【関連写真】食べ物の施しを受ける僧侶  タイでは僧侶が深く敬われており、信者たちは盛んに食べ物を施す。だが、喜捨される食べ物には、砂糖、脂肪、油がたっぷり入ったものが多く、これが僧侶の健康問題につながっている。  バンコク市内の病院で行われた僧侶向け健康診断中にAFPの取材に応じたピピットさんは、「ダイエットをする前は、100メートルも歩かないうちに疲れてしまっていた」と話し、以前は体重が180キロあったことにも触れた。  タイの保健当局と宗教当局は2017年12月、僧侶の間で、糖尿病、高血圧、膝の問題が急増していることを受けて、「僧侶のための健康ガイドライン」を作成し、食べ物に気を使うよう呼び掛けた。  タイの人々は、毎日托鉢して回っている僧侶に食べ物を喜捨することで徳を積み、先祖供養をしている。だが、これについては厚意が行き過ぎてしまったともいえる。濃厚なカレー、砂糖たっぷりのお菓子、炭酸飲料、塩辛いスナックなど、僧侶に施す食べ物は、高カロリーで不健康なものが多いのだ。  アジア開発銀行(AIB)によると、タイはアジア有数の「肥満国」だという。チュラロンコン大学(Chulalongkorn University)の保健医療学部が2016年に僧侶を対象に実施した調査によると、約48%が肥満、約42%が高血圧と診断された。  タイでは、僧侶の正午以降の食事が禁じられている。ブッダも、午後は食事を控えるよう信者に対して言ったと伝えられている。  だが、仏典に出てくる「パナ」と呼ばれるある特定の飲み物だけは、正午を過ぎても摂取することが許されている。だが、この飲み物に砂糖がたっぷり含まれているのだ メタボに苦しむタイの僧侶、半数近くが肥満とのデータも 12/9(日) 10:35配信  タイの小売店舗では、加工食品などを詰めたお布施セットが販売されており、誰でも簡単に入手できる。だが、これも問題を悪化させている原因の一つとされている。 ■施しは断ることができない  ガイドラインでは、「仏教の教えをいつでも伝えられるようにしておく」ために、健康には気を付ける必要があると僧侶らに呼び掛けているが、信者のお布施を断わることは微妙な問題だ。 「ブッダの教えによると、信者が施すものは何であれ、受け取らなければならないとされている。断ることはできないし、否定することもできない」と、バンコク市内にあるサンウェート(Sungvej)寺の僧侶で、ガイドラインの作成に協力したラーチャウォンムニーさんは話す。  ラーチャウォンムニーさんは、健康に関する教育を通じて状況に何らかの変化が現れることを期待している。ここで言う指導には、健康診断受診の勧めなどが含まれている。  ガイドラインは、タイの地方部で小規模で行われていた活動が基になっている。  東北部ノンカイ(Nongkhai)県にあるポーチャイ(Phochai)寺の僧侶、パーワナー・タンマコーシット(Bhavana Dhamakosit)さんによると、寺では肥満と高血圧の問題が多く見られたため、僧侶たちは3年前から健康診断を受けているという。ただ、僧侶は寺を転々とするため、実際に病院や歯医者で健康診断を受ける数は多くない。  また、ガイドラインでは信者に健康的な食事を施すよう勧めているが、僧侶たちは信者にプレッシャーをかけすぎることには慎重だ。これについてパーワナーさんは、「特定の食事を食べないよう僧侶に呼び掛ける方がより効果的だ」と指摘する。  僧侶向けのガイドラインは強制ではない。それでも効果が見られ始めた僧侶も出てきている。  今年初めに体重を記録し始めてから、これまでに約30キロの減量に成功したというピピットさん。「村人からもらう食事を以前よりも選ぶようになった」と問題との向き合い方についてコメントした。【翻訳編集】 AFPBB News 【関連記事】 • タイ、僧侶にデジタルIDカード発行を計画 犯罪歴確認のため • チョコレートをよく食べる人は肥満度指数が低い傾向、米研究 • 肥満の子どもと若者、1975年の10倍に 調査 • ぜいたく僧侶に禁錮114年=寄付金詐欺で蓄財−タイ • 英、ピザにカロリー規制検討=「マルゲリータ」消える? 最終更新:12/10(月) 10:20 AFP=時事
    | - | 11:10 | comments(0) | - |