CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 急増する梅毒患者、「コウノドリ」梅毒のエピソードがコミックDAYSにて無料公開・・・これは大変!これほど一気に広がるのはなぜ? | main | 「先生の働き過ぎ問題」は保護者に関係ない? なぜ関心が高まらないのか >>
「お経を聞くと…悲しみが癒やされる」免疫力向上効果、東北大チームが確認・・・いろいろな原因があるでしょうが、納得できるお話しです!
0
    「お経を聞くと…悲しみが癒やされる」免疫力向上効果、東北大チームが確認 12/13(木) 12:14配信 読売新聞(ヨミドクター)  お経を聞くと、喪失感による悲しみが癒やされる効果があるとする研究結果を、東北大の谷山洋三准教授(宗教学)らの研究チームが発表した。読経を通じて東日本大震災の被災者の心のケアに取り組む谷山さんは、「経験的にお経の効果は感じていたが、免疫力の向上やストレス軽減を実証的に確認したのは初めて」としている。  研究は、ペットを失った経験を持つ21〜72歳の男女36人を、僧侶の読経を20分間聞かせるグループと、何も聞かずに座ったままのグループに分けて実施。質問に答えると不安の大きさが数値化できる指標や、ストレスの大きさが分かる免疫物質の量を測定し、読経前と後の変化を比較した。  両グループとも、読経後に不安を示す数値が減少したが、お経を聞いたグループの減少幅は、聞かなかったグループの約3倍だった。免疫物質の量は、お経を聞いたグループが約1・5倍に増え、ストレスが減っていたのに対し、聞かなかったグループはほとんど変わらなかった。  研究は、同大の講義室にペットの遺影を持参してもらい、ペット葬の動画を約4分間見せた後に行った。読経以外の要素が影響しないように、線香やろうそく、お香は使っていない。 . 【関連記事】 寝たきり老人がいない欧米、日本とどこが違うのか 秋吉久美子さん…老人ホームで“恐怖”体験 手足の指6本の奇形で生まれた腹壁破裂の赤ちゃん、父親に「人工呼吸器からはずして」と言われ… 奇形の顔「受け入れられない」…家族が手術拒否、ミルク飲めず赤ちゃん餓死 亡くなる前の「お迎え現象」…故人と会い 恐怖和らぐ 最終更新:12/13(木) 12:28 読売新聞(ヨミドクター)
    | - | 20:46 | comments(0) | - |