CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 天然記念物が枯死続々 市が保全手順守らず 放射状珍樹形・・・目立たない事業は放たっらかし、はダメです!! | main | <広まる公営合葬墓>家族変化 新たな選択・・・出ましたね!一人で全ての後始末をする、それも地方自治体の助けで >>
アトピー、中高生が過去最多 幼稚園児は過去最少・・・少々ワイルドに育てないと子供達は大人として飛び立てない?!
0
    アトピー、中高生が過去最多 幼稚園児は過去最少 12/21(金) 22:10配信 毎日新聞 アトピー、中高生が過去最多 幼稚園児は過去最少 アトピー性皮膚炎の割合  アトピー性皮膚炎を発症している中高生の割合が過去最多となったことが、文部科学省が21日公表した2018年度学校保健統計調査(速報値)で明らかになった。一方、幼稚園児は過去最少で、文科省は「幼少時に清潔な環境で育ち、免疫を獲得できずにアレルギー疾患となる子供が増えている可能性がある」と指摘した。  調査は4〜6月、全国の国公私立の幼稚園や小中高などの児童・生徒を対象に実施。全体の25%にあたる約342万人を抽出して健康状態を確認した。  アトピー性皮膚炎の発症者は中学校2・85%、高校2・58%で、いずれも過去最多となった。小学校は最も割合が高く、前年度比0・14ポイント増の3・40%だった。一方、幼稚園は2・04%で過去最少となった。  文科省の担当者は「はっきりした要因は不明」としつつも、専門家の意見として「抗菌、除菌グッズが増え、子育て環境は清潔になっている。こうした環境で育った子供は免疫を十分獲得できず、成長過程でアレルギー体質になりやすいと言われる」と説明。幼稚園児のアトピー性皮膚炎が減っているのは「保護者に保湿などスキンケアの意識が広がったためではないか」と指摘した。  アレルギー体質の子供は耳や鼻の疾患にもなりやすいとされ、今回の調査では耳疾患が小学校と中学校で、鼻・副鼻腔(びくう)疾患が小学校と高校で過去最多となった。【伊澤拓也】 . 【関連記事】 <「おしっこの回数」と寿命の関係> <花粉症もアトピーも抗菌薬が原因かも?> <危険なほくろの見分け方> <アトピーにステロイドは必須?> <皮膚の下をはう「虫」で感じる死の恐怖> 終更新:12/22(土) 12:52 毎日新聞
    | - | 22:36 | comments(0) | - |