CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 忘年会の季節 レモンの皮の安全性を考えた・・・直接かける農薬よりポストハーベストの方がはるかに怖い!! | main | 学童保育の利用数、過去最多の123万人 待機児童も最多・・・親が両方ともに働かざるを得ない家庭事情の方がもっと深刻だ! >>
幼保無償化」来年10月スタートへ+認可外保育施設の無償化 国が半額負担の
0
    幼保無償化」来年10月スタートへ 12/28(金) 15:36配信 Nippon News Network(NNN) [ 前の映像 | 次の映像 ] 政府は関係閣僚会議で来年10月から始める幼児教育・保育の無償化の具体策を決めた。 安倍首相「少子高齢化を真正面から取り組み、我が国の社会保障を若者もお年寄りも安心できる全世代型に転換する」 無償化の具体策では、認可保育所や幼稚園などに通う3歳から5歳児は、原則、全世帯で無料になる。認可外保育施設は、条件付きで月額3万7000円を上限に利用料を補助する。また、0歳から2歳児は住民税非課税世帯が無償化の対象。 年間7764億円かかる見込みで、政府は消費税率10%への引き上げによる財源で賄うとしている。 政府は、来年の通常国会に関連法案を提出し、来年10月のスタートを目指すが、今も低所得世帯の利用料を減免する仕組みがあるため、全面無償化は所得が高い世帯を支援する形だと野党などは批判している。 【関連記事】 • 認可外保育施設の無償化 国が半額負担の案 • 幼児教育の無償化 毎年約7700億円必要 • 米政権、「アジア太平洋戦略」具体策を発表 • 「森のようちえん」など“無償化”対象外へ • 給付型奨学金最大91万円に高等教育無償化 認可外保育施設の無償化 国が半額負担の 来年10月からの幼児教育や保育の無償化をめぐり、政府は、3日に開かれた国と地方の協議会で、認可外保育施設の無償化に必要な財源については、国が半額負担する案を提示した。 幼児教育や保育の無償化をめぐって、政府は3日、私立幼稚園や、新たに無償化の対象となる認可外保育施設の費用について、国が2分の1、都道府県が4分の1、市町村が4分の1を負担する案を提示した。 当初は、国の負担が3分の1だったが、地方側の反発を受けて、国の負担割合を引き上げて地方の負担を減らした形。地方側は「前向きに評価する」として、提案を持ち帰った。 また、認可外保育施設については、保護者から、無償化した場合、質の確保ができるのかどうかなど不安の声があがっていることから、政府は、内閣府など関係省庁と地方自治体が無償化に伴う課題について協議する場を今月中に設置するという。
    | - | 21:30 | comments(0) | - |