CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 塩味コオロギ1番人気…「昆虫食」自販機が話題・・・「塩味コロギ」ですか!今から触感は慣れておかないと食糧危機では生き残れません!! | main | ノロ対策にマイタケ 免疫高め発症抑制 中部大学など研究グループ・・・薬の殆どは自然の素材から発見されているので、当然といえば当然のことですね!! >>
蔵王の樹氷見られなくなるかも…害虫で枯死拡大・・・要は空気の汚染度の激しさ、気温の不安定化、虫も木も大変です!!
0
    蔵王の樹氷見られなくなるかも…害虫で枯死拡大 1/7(月) 13:36配信 読売新聞 蔵王の樹氷見られなくなるかも…害虫で枯死拡大 蔵王の樹氷(昨年1月、山形市の蔵王温泉スキー場で) 蔵王の樹氷見られなくなるかも…害虫で枯死拡大  山形県の冬の名物として知られる蔵王の樹氷が、見られなくなるかもしれない。枝や葉に氷雪をつける針葉樹アオモリトドマツに害虫被害が広がっているためだ。山頂付近はほぼ立ち枯れの状態で、麓に向かって枯死が拡大。雪の重みで枝が落ちたり、幹が折れたりすれば、樹氷ができなくなる。国は2019年度から植林を始めるが、関係者は「自然の芸術の再生は容易ではない」と危惧している。  樹氷は、日本海側からの風で運ばれた雪雲の中の水滴が、蔵王連峰のアオモリトドマツに繰り返し着氷し、降雪と相まって成長していく。1月下旬から2月にかけて最も大きくなり、「スノーモンスター」とも呼ばれる。  東北森林管理局によると、16年夏、体長3ミリほどの甲虫・キクイムシによる食害を初めて確認。蔵王ロープウェイ地蔵山頂駅南側区域(標高1500〜1660メートル付近)で、調査木60本のうち45本が食い荒らされていることが判明した。今年度には被害が60本全てに及び、標高1420メートル付近にも拡大。上空からの調査で、山頂駅周辺では調査木にとどまらず、ほぼすべての木の立ち枯れが確認された。 . 【関連記事】 もう二度と行かない「がっかり観光地」 登山中の事故2回目…『もう山に来るな』という声が聞こえた 必死すぎる「インスタ蝿」…その撮影は迷惑です ヨーロッパのビキニ、「布の面積」が少なめの理由 海外旅行保険…意外と知らない“落とし穴” 最終更新:1/7(月) 15:32 読売新聞
    | - | 18:32 | comments(0) | - |