CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 樹氷の撮影を披露します。写真掲載のテストです。 | main | トランプ米大統領、国境の危機強調 非常事態宣言は見送り・・・この動きには要注意です。非常事態宣言の次に何が来るかを想像しましょう! >>
「冬の使者」飛来 菅生沼にコハクチョウ・・・周りにエサ場がないと来ないそうで、地元の人たちの心遣いが分かります!
0
    「冬の使者」飛来 菅生沼にコハクチョウ 1/9(水) 6:00配信 茨城新聞クロスアイ 「冬の使者」飛来 菅生沼にコハクチョウ 水しぶきを上げながら飛び立つコハクチョウ=坂東市神田山 坂東市と常総市にまたがる菅生沼にコハクチョウの群れが飛来し、ゆっくりと羽を休めている。2月下旬まで姿を見られそうだ。 県自然博物館(坂東市大崎)などによると、コハクチョウは全長1メートル20センチほどの大型の水鳥。5〜6月にシベリア方面で繁殖・子育てし、越冬地として日本に飛来することから「冬の使者」と呼ばれる。昨年11月1日に今シーズンの1羽目が確認された。 菅生沼は、コハクチョウの餌となるマコモなどが豊富で、ねぐらにできる浅瀬も多いことから県内最大級の飛来地となっている。ピーク時は300羽を超えるという。 沼に面する天神山公園(坂東市神田山)には8日、大勢のアマチュアカメラマンが訪れ、写真撮影していた。コハクチョウは「クォークォー」としきりに鳴いたり、バタバタと助走をつけて飛び立ったりする姿を見せていた。(小原瑛平) . 茨城新聞社 【関連記事】 自治体、スプレー缶処分に違い 「使い切って」と注意 シートベルト調査 後部席着用、意識低く 一般道27・9% 本県、全国平均下回る 龍ケ崎に風船 430キロの旅 奈良の児童 コスモスの種運ぶ  戌から亥へ主役交代 干支引き継ぎ式 石岡 クラブW杯鹿島決勝逃す PV300人、熱い声援 「3位決定戦勝利を」 鹿嶋 最終更新:1/9(水) 6:06 茨城新聞クロスアイ
    | - | 09:50 | comments(0) | - |