CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< トランプ米大統領、国境の危機強調 非常事態宣言は見送り・・・この動きには要注意です。非常事態宣言の次に何が来るかを想像しましょう! | main | 勤労統計不正 政府統計の信頼失墜・・・日本の官僚は国民をなめていますね!!全ての省の上の方の官僚は腐りきっています!! >>
今年の花粉 昨シーズンの5倍以上飛散か そのワケとは・・・林野庁は今でも花粉の出る杉の植栽を奨励しています!!
0
    今年の花粉 昨シーズンの5倍以上飛散か そのワケとは 1/9(水) 15:45配信 スギ花粉飛散  春の陽気を迎えると気になるのは「スギの花粉」。花粉症で困っている人も多いですよね。今年はスギの花粉が大量に飛びそうだといいます。そのワケとは。 スギの雄花  取材班が訪れたのは愛知県有数のスギの産地、新城市。 「茶色く見えているものが、花粉が入っているスギの雄花なんです。触ってみますと、まだこの時季ですから堅いんです。どんどん春先に気温が高くなってくると、芽が開いて花粉が飛び出してくる」(気象予報士 石橋武宜さん)  雄花1個の中に、どのくらいの花粉があるのでしょうか? 「1つの中に約40万個の花粉が入っている」(石橋さん) 愛知県での花粉の飛散量は前年比5倍以上と予測(ウェザーニューズ)  環境省によると愛知県では今年、花粉を大量に含んだスギの雄花が前の年と比べると2倍近く多いといいます。さらに、ウェザーニューズによると、花粉の飛散量は5倍以上という予測も。  なぜ今年は大量に花粉が飛びそうなのか。  そのワケは去年の夏の天候にあります。気温が統計開始以来、1位となる記録的な猛暑で平年よりもかなり高く、日照時間も多かったことが影響しているとみられています。 花粉予防でマスク着用の気象予報士 石橋武宜さん  では、いつ花粉が飛び出すのでしょうか? 「今年は早いとみています。ポイントは『気温』なんです。春先の気温が高いと早く花粉が飛び、気温が低いと花芽が締まって飛びにくくなる。この先の3か月予報では3月の気温が平年並み、もしくは高いと予想しています。今年は例年よりやや早く飛ぶ可能性が高いんです」(石橋さん)  気温が高いと一気に飛び出す可能性があるため、十分に警戒が必要です。  スギ林を所有している生田さんは毎年、困ることがあるそうです。 「ふとん干せないので、掃除機でやるくらいで。3月ごろまでは、洗濯物や息子のものは外に干せないの、花粉症で」(スギ林を所有する 生田フサ子さん) 藤田医科大学 ばんたね病院 近藤康人 教授  例年と比べ量が多く、さらに一気に早く飛ぶという花粉。早めの対策が必要だといいます。 「2月になった時には、もう治療を開始していた方がいいと思います。去年ちょっと症状がつらかった人は、早めがいいので、治療を開始した方がいい。特に花粉が多いのは、お昼前後と夜です。ちょうど子どもたちが帰って来る時間、会社から帰って来る時間に多いので、そういったことから手洗い、うがいは大切です」(藤田医科大学 ばんたね病院 近藤康人 教授) 中京テレビNEWS 【関連記事】 • くしゃみで死亡事故も… 花粉症ドライバーの皆さん、ご注意を • 公園の木々に異変、紅葉でもないのに色づくのは“ナラ枯れ”という病気の可能性 名古屋市 • 世界的に人気上昇中の“BONSAI(盆栽)”中には1億円の値がつくものも、ビジネスチャンスにも 最終更新:1/9(水) 15:49 中京テレビNEWS エルニーニョ現象が継続 春にかけて続く可能性高い 1/10(木) 14:45配信 エルニーニョ/ラニーニャ現象の経過と予測 出典:気象庁HP  気象庁は10日、エルニーニョ監視速報を発表した。12月の観測によると、この秋に発生したエルニーニョ現象が続いているとみられ、春にかけてエルニーニョ現象が続く可能性が高い見通し。  12月のエルニーニョ監視海域の海面水温の基準値との差は+1.0℃で基準値より高く、海洋と大気の状態からエルニーニョ現象が続いているとみられる。海洋表層の暖水は今後、太平洋東部の海面水温が平年より高い状態を維持するように働くと考えられ、春にかけて、エルニーニョ監視海域の海面水温が基準値より高い値で推移すると予想される。このことから、春にかけてエルニーニョ現象が続く可能性が高い。 エルニーニョ・ラニーニャ現象に伴う太平洋熱帯域の大気と海洋の変動 出典=気象庁HP エルニーニョ現象とは  エルニーニョ現象とは、太平洋赤道域の日付変更線付近から南米沿岸にかけて海面水温が平年より高くなり、その状態が1年程度続く現象のこと。逆に、同じ海域で海面水温が、平年より低い状態が続く現象はラニーニャ現象と呼ばれる。 【関連記事】 • 【動画解説】1週間で44万人超え インフルエンザ流行本格化 最終更新:1/10(木) 14:45 ウェザーマップ
    | - | 22:01 | comments(0) | - |