CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 医者はなぜ忙しい?残業年2000時間の衝撃 医師の視点・・・・医師を目指す人はこれを承知で進むしかないですが、それにしても即、命のかかる職種ですね。 | main | 干ばつの豪東部、川で魚が大量死 被害百万匹とも・・・なんと豪も中国と同じ政策で「愚」とは!! >>
直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす・・・一説には2020年までに起こるとか?
0

    ★ 昨年でしたか、ここのブログにも書きましたが、非常時用に、水と食料は少なくとも1ヶ月分は蓄えるべきでは?と提案しました。もしもこの南海トラフが同時に動くと、(前回でも言いましたが)瀬戸内海沿岸と。和歌山・高知・徳島・三重の沿岸地域が全滅となるでしょう。津波は高さが地域によっては予想を超える20−30mにも達するという予測もあります。大阪の地盤の低いところは全て水浸しになります。淀川など大きな河川を津波がさかのぼります。現在の土手の高さなど何の足しにもなりません。標高20−30mというと、たとえば京都盆地の真ん中当たりまで水が押し寄せてくることになります。それより、太平洋岸の平野部分や瀬戸内海の海岸部の市街地やコンビナート群です。火力発電者は水につかり、道路は使えません。インフラは全滅。回復に1−2ヶ月はかかるのではないでしょうか?自衛隊が出動しても、全ての地域の市民の救出まで手は回らないでしょう。そうなると、とにかく、日頃から、食料(基本食料ー米や小麦粉など)と水の蓄えが1−2ヶ月は必要ですね。それにガスも止まります。火をどうするかですね。携帯コンロと予備のガスボンベの量も考えてストックする必要があります。夜の照明の方法も考えておく必要が。この記事にもあるように、非常持ち出し用のザックはおいておく必要はありそうですね。公的には、32万人もの人たちが死ぬかもしれないと予想していますが、40万人をはるかに超えると予想している専門家もいます。いずれにしても、来るのは分かっています。その警戒態勢をきちんとすることではないでしょうか?もし、2020年までに来るとして、上のような被害が出ると、オリンピックや万博などできるわけがありません。でも、それは困りますね。どうしても来る気なら、ひたすら大地震はその後にしてほしいと願うばかりです。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす 1/14(月) 8:01配信 毎日新聞 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす 井戸からくみ出した地下水を今も利用する大島太郎さん=神戸市東灘区で2018年12月6日、山本真也撮影  阪神大震災の直前、神戸市東灘区の自宅敷地に「胸騒ぎ」を感じて井戸を掘った男性がいる。1944年と46年に相次いだ南海トラフ地震を疎開先の和歌山県で体験した大島太郎さん(92)。家の補強や食糧備蓄も怠らず、井戸は当時、断水に見舞われた地域の人を助けた。毎年、地元自治会で講演し、将来の南海トラフ地震について「今できるのは備えです」と呼びかける。  大島さんが備えをする背景には、二つの大地震の体験がある。造船会社が設立した学校の学生だった44年12月7日、大阪から現在の和歌山県古座川町の疎開先に荷物を運んだ帰りの駅で、昭和東南海地震に遭った。翌々年12月21日未明の昭和南海地震も同町の家屋で就寝中だった。近くの古座川を津波が遡上(そじょう)してきたのを鮮明に覚えている。  戦後は鉄鋼メーカーに勤め、神戸の現在の場所に居を構えた。68年に平屋を2階建てに改築した際、柱や壁を通常よりも太くし屋根も軽い構造にした。天井裏のはりは、5年ごとにボルトを締め直した。家族の3カ月分の非常用食料を備蓄し、定期的に入れ替えた。  94年夏、何か大きなことが迫っている予感がして、井戸の掘削を始めた。確信はなかったが、地震が起きれば水道管が壊れ、命をつなぐためには水が必要になると考えた。  当時は「近畿に大きな地震はない」との根拠のない考えが根強かった。工事を見た人が「神戸に地震なんて起こるかい」とばかにするかのように言った。  井戸は12月に完成。六甲山系の水脈からきれいな水をくみ上げることができた。ポンプは停電で停止する可能性があるためガソリン発電機を発注。届いたのは震災3日前の1月14日だった。  震災で自宅は無事だったが、周辺は大きな被害が出て電気、ガス、水道が止まった。発電機を使って井戸水をくみ出し、やがて見ず知らずの人もやって来るようになった。「困った時はお互いさま」と門の前に3カ所の蛇口を作った。給水は水道が復旧するまで約3カ月続けた。  2001年から毎年、地元自治会で講演する。強調するのは備えの大切さだ。実は阪神大震災の前夜は何も予感はなく、激震の間も気づかず寝ていて、収まった後に妻に起こされた。「大地震が予感できるのか私にもわかりません。だから常に備えているんです」【山本真也】 . 【関連記事】 <阪神大震災、今も心に 5歳で失った娘へ思い綴る> <山から見守り2万3000回 被災の聴覚障害86歳 阪神大震災24年> <「他人事と考えた途端、自分が被災者に」> <地震危険度 東京23区西・南部、上昇目立つ> <首都直下、震度7 地下鉄「魔の水路」に> 最終更新:1/14(月) 10:19 毎日新聞

    | - | 15:27 | comments(0) | - |