CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす・・・一説には2020年までに起こるとか? | main | 昼食後「すぐの歯磨き」は完全に逆効果・・・古い「知識」の歯医者は危険かも??(不勉強な歯科医にはかからないこと!) >>
干ばつの豪東部、川で魚が大量死 被害百万匹とも・・・なんと豪も中国と同じ政策で「愚」とは!!
0
    干ばつの豪東部、川で魚が大量死 被害百万匹とも 1/14(月) 20:28配信 AFP=時事 干ばつの豪東部、川で魚が大量死 被害百万匹とも オーストラリア・ニューサウスウェールズ州を流れるマレー川で死んだマレーコッドを手にするジェレミー・バッキンガム同州議会議員。同議員事務所撮影の動画より(2019年1月10日撮影、同11日公開)。【翻訳編集】 AFPBB News 【AFP=時事】干ばつに見舞われているオーストラリア東部の主要河川で魚が大量死しており、その数は100万匹に達するとも指摘されている。当局は14日、さらに多くの魚が死ぬ恐れもあると警告した。 【写真】雷雨でテニスボール大のひょう 豪シドニー  腐敗した魚で覆われているのが見つかったのは、マレー(Murray)川の河岸。ニューサウスウェールズ(New South Wales)州政府は、今週気温がさらに上がると予想されていることから、状況が悪化する恐れもあると警戒している。  水位の低下と高温で藻が異常発生し、酸素不足や毒素発生につながっているという見方もある。  地元住民からは、マレー川流域の枯渇と汚染は国の政策の問題だという批判の声も上がっているが、スコット・モリソン(Scott Morrison)政権は、魚の大量死の原因は干ばつにあるという見方を示し、政策に非はないと擁護している。  一方で科学者らは以前から、かんがいなどの用途で制限もなく大量の水が使用されていることに警鐘を鳴らしてきた。  オーストラリア国立大学(Australian National University)のクエンティン・グラフトン(Quentin Grafton)氏も、「かんがい設備の改善に巨額が費やされてきた」にもかかわらず「公共の利益につながっていない」と指摘。科学者らは、責任を問うべきは政治家らだと訴えている。【翻訳編集】 AFPBB News . 【関連記事】 猛暑のオーストラリアでコウモリが大量死、脳が過熱 隠し撮りで羊の虐待発覚、豪の家畜輸送船を出航阻止 豪女性、カンガルーに跳び乗られ豊胸バッグ破裂 〔写真特集〕大量死 インドでライオン大量死=希少種、ウイルス原因か 最終更新:1/15(火) 4:14 AFP=時事
    | - | 17:19 | comments(0) | - |