CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 【特集】大阪湾に眠る“謎の活断層” 沿岸部に深刻な津波被害の可能性も・・・こうしてみると、日本にはもう安全な所はありません!! | main | 高校生が迷子保護、一緒に雨宿り 警察から感謝状・・・感謝状を出すほどに世の中は危険な状況になってしまった!! >>
統計不正で景気動向指数を修正 「景気判断に影響なし」・・・本来なら首相責任まで行くべきでは?
0
    ★ 今アメリカでは、トランプ大統領が行政の閉鎖を演出しながら大きな官僚大掃除を密かにやっているという噂がありまうすが、日本でこれを一回やればいいと思います。やる気のない官僚の一掃です。特に厚生労働省はきついかもしれませんね。トランプの様な腹の据わったTOPが待ち望まれますね。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 統計不正で景気動向指数を修正 「景気判断に影響なし」 1/22(火) 19:24配信 朝日新聞デジタル  内閣府は22日、不正な調査が問題になっている厚生労働省の「毎月勤労統計」を一部の指標に採用している「景気動向指数」を修正すると発表した。昨年12月、内閣府はこの指数などを踏まえ、足元の景気拡大が高度成長期の「いざなぎ景気」を超えたと認定しているが、修正しても「景気判断への影響はない」としている。  景気動向指数は各省庁などによる計29の指標を組み合わせて毎月算出し、景気の現状判断や先行きの予測、景気の「山」や「谷」の確定に使っている。29指標のうち、3指標に毎月勤労統計のデータを使っていたため、修正が必要だと判断した。厚労省から再集計値が発表され次第、再計算する。 . 朝日新聞社 【関連記事】 勤労統計不正、厚労相が処分発表 事務次官ら訓告 課長級職員の関与認定 組織的隠蔽は否定 勤労統計不正 自由党と国民民主党が合流へ 小沢氏と玉木氏が大筋合意 北方領土問題そもそも解説 70年余もつれた懸案を整理 2度失職の男性にかかってきた電話「社長やりません?」 最終更新:1/22(火) 19:50 朝日新聞デジタル
    | - | 22:59 | comments(0) | - |