CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 野村HD、1千億円超の赤字 7年ぶり、世界景気不安が直撃・・・これは当然のごとくで、ノーコメントです! | main | <国公立大2次試験>志願倍率は0.9倍 中間集計、東北17校1.4倍・・・確かに国立大の授業料の値上げで地方国立大は魅力がなくなったと思う受験生は多いでしょうね! >>
太陽光発電で発火、10年で127件 住宅に延焼も7件・・・これは危険です!また、寿命の尽きたパネルの中身は有害では?環境汚染の対策は?
0
    太陽光発電で発火、10年で127件 住宅に延焼も7件 1/28(月) 16:48配信 朝日新聞デジタル 太陽光発電で発火、10年で127件 住宅に延焼も7件 焼けた太陽電池パネル(モジュール、埼玉県の男性提供)  住宅用太陽光発電システムによる発火などのトラブルが、2017年11月までの約10年間で127件発生し、少なくとも7件が屋根側に延焼していたことがわかった。7件の太陽電池パネル(モジュール)はいずれも、屋根と一体型で屋根側との間に不燃材のないタイプだった。同様のタイプは全国で約11万棟にあるといい、消費者庁の消費者安全調査委員会(消費者事故調)は28日、調査結果をまとめた報告書を公表し、注意を促した。 【写真】一般家庭にも普及した太陽発電。トラブルを防ぐには…  事故調が調べたのは、住宅用太陽光発電システムから発生した火災や発火、発煙、過熱など。消費者庁の事故情報データバンクには、08年3月〜17年11月に127件の事故が登録されており、そのうち、他機関で調査をしている事案以外の72件を対象とした。  モジュールやケーブルから発生したのは13件。経年劣化や製造上の問題で、配線の接続部に不具合が生じて電流が流れにくくなり、別の回路に余分な負荷がかかって発火する可能性があるという。この13件のうち、神奈川や東京、千葉、愛知、広島、福岡で起きた7件では屋根側への延焼が確認された。  モジュールは、架台で屋根から浮いたタイプのほか、屋根と一体型がある。屋根側に延焼した7件はいずれも一体型のうち、屋根側との間に鋼板といった不燃材がないタイプだった。ほか6件は、架台に置かれたものや、屋根と一体型でも不燃材が施されたものだった。  また、13件以外の59件は、発電した電気を家庭用に変換するためのパワーコンディショナーや接続箱からの事故だった。これらについて、報告書は「素材に安全対策が施されているため、住宅火災に至る可能性は低いと考えられる」とした上で、再発防止策として水分が入らないような措置の必要性などを指摘した。  報告書によると、住宅用太陽光発電システムは昨年10月時点で、全国約240万棟に設置されている。そのうち、屋根との一体型で不燃材が取り付けられていないタイプは、約11万棟にあるという。事故調は経済産業相に対し、こうしたタイプを製造したメーカーに対応を求めるよう要請。住宅火災に関するリスク算定や評価などを実施させ、結果に基づき早急な対応をとらせるほか、該当する住人に応急点検の実施を促すよう指摘した。(長谷文) . 朝日新聞社 【関連記事】 山ごと崩れた太陽光パネル千枚超 再生エネ、もろさ露呈 使用済み下着売り少年院へ 収容2年で変われたアイドル 「夫が生理的に嫌い」←あなたが受けているのは虐待です 1歳の娘、あわや動画依存 風呂でも熱中、目に異変が… 不燃材なく住宅に延焼…気づかない太陽電池パネル発火 最終更新:1/29(火) 6:30 朝日新聞デジタル
    | - | 20:05 | comments(0) | - |