CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 北海道に史上最強クラスの寒波襲来へ。−30℃以下続出か?・・・ー35℃??? | main | 総務省、2年前に統計問題確認 防止策示すも徹底されず・・・これは政権交代の要因になりうるができないとすれば全て我々国民の責任である! >>
アイヌ新法「先住民族」を明記、国会提出へ 観光振興も・・・かつて「日本は単一民族の国だ」と言った政治家もいたような!
0
    アイヌ新法「先住民族」を明記、国会提出へ 観光振興も 2/6(水) 5:00配信 朝日新聞デジタル アイヌ新法「先住民族」を明記、国会提出へ 観光振興も アイヌ民族の歩み  政府は、アイヌ民族を「先住民族」と初めて明記したアイヌ新法案を今国会に提出する。自民党の国土交通部会などの合同会議が5日、法案を了承した。法案は差別の禁止や、観光振興を支援する交付金の創設からなる。政府には、アイヌ文化を観光資源とし、訪日外国人客数の目標達成の一助にする狙いもある。近く閣議決定し、今国会での成立をめざす。  法案は、アイヌの人々の民族としての誇りが尊重される社会の実現を目的に掲げる。伝統的な漁法への規制の緩和なども盛り込んだ。新たな交付金は2019年度予算案で10億円を計上。アイヌ文化のブランド化推進やコミュニティー活動のためのバス運営への支援を想定する。  政府は新法により、生活向上のための福祉や文化振興を中心にしたこれまでの施策から、地域や産業の振興、国際交流を見据えた総合的なアイヌ政策へ転換を図るとしている。  法案の背景には、アイヌ民族をめぐる過去の経緯や、先住民族への配慮を求める国際的な要請の高まりがある。加えて政府が狙うのは、東京五輪・パラリンピックが開催される2020年に4千万人達成の目標を掲げる、訪日外国人客へのアピールだ。 . 朝日新聞社 【関連記事】 痛みに涙、坂本龍一の治療 がんの究極の原因に気づいた 恵方巻き、今年も作りすぎ 「廃棄するな」、コンビニ社員自腹も 「平成は日本敗北の時代」同友会代表幹事、発言の真意は アイヌ新法「先住民族」を明記、国会提出へ 観光振興も 統計不正、総務省に新組織設置へ 厚労省の検証を継承も 最終更新:2/6(水) 7:06 朝日新聞デジタル
    | - | 12:10 | comments(0) | - |