CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 自然災害の経済損失25兆円 18年、地球温暖化でリスク増・・・必要以上に金を追求すると自然にしっぺ返しされる! | main | 早朝深夜に鳴らない信号機…視覚障害者を守るため、警察庁が信号アプリ導入へ・・・GOOD IDEA! 24時間中音声は周辺がしんどいのは確かです! >>
スーパームーン、再び! 来週、2019年最大の満月が出現・・・人間の「目」は気持ちにだまされやすい?!
0
    スーパームーン、再び! 来週、2019年最大の満月が出現 2/15(金) 17:35配信 ウェザーニュース スーパームーン、再び! 来週、2019年最大の満月が出現 提供:ウェザーニュース  先月21日についで今年2回目となるスーパームーンが、来週19日(火)夕方〜20日(水)明け方にかけて出現します。  2月のスーパームーンは、先月よりも地球と月の距離が近いため、2019年で最も大きく見える満月となります。 . スーパームーン、再び! 来週、2019年最大の満月が出現 提供:ウェザーニュース スーパームーンは19日の夜?20日の夜?  カレンダー等に表示されている月の満ち欠けでは、2019年2月の満月は20日(水)となっているため、スーパームーンも20日に見ようと考えている方も多いと思います。  ただ、今年2月の満月の瞬間は20日の0時54分頃のため、スーパームーンは19日(火)の夕方〜20日(水)明け方頃にかけて出ている月ということになります。 . スーパームーン、再び! 来週、2019年最大の満月が出現 提供:ウェザーニュース スーパームーンとは?  スーパームーンとは、もともと天文学の用語ではなく占星術の用語で、明確な定義はありません。  この言葉を広めたNASAの研究所の一つであるジェット推進研究所(JPL)のサイトでは、地球と月の距離が近いときに満月になると、平均的な満月よりも大きく、そして明るく見えるため、これをスーパームーンと呼ぶとしています。  NASAのサイトでも、地球と月の距離が◯km以内の満月という明確な定義はしていませんが、これまでの傾向から、概ね月と地球との距離が36万km以内の満月をスーパームーンとしているようです。 . スーパームーン、再び! 来週、2019年最大の満月が出現 提供:ウェザーニュース スーパームーンは明るさもアップ 《2019年の満月時の地球と月の距離》  1月21日…約357,700km  2月20日…約356,800km  1月よりも月と地球の距離は更に近いことから、今月のスーパームーンは先月よりも大きく見えるので、2019年で最も大きい満月となります。  1年で最も大きい満月は、1年で最も小さい満月(2019年は9月14日)に比べて、約14%大きく、最大で約30%ほど明るく見えると言われています。ぜひ当日は明るさにも注目して月を見るようにしましょう。 . スーパームーン、再び! 来週、2019年最大の満月が出現 提供:ウェザーニュース 気になる当日の天気は?  19日(火)〜20日(水)は、低気圧が西からやってくるため、全国的に天気下り坂です。  低気圧の影響が少ない沖縄や、曇りだすタイミングが遅い関東や北日本ほどスーパームーンを見られる可能性は高いと見ています。 . ウェザーニュース 【関連記事】 16日(土)の天気 関東は日差し戻り寒さ和らぐ 北日本は強い雪に注意 インフル患者、2週連続で減少も 一部地域は警報レベルを上回る 冬のロマン"オホーツク海の流氷"が見頃 17日(日)は青空に期待! 雪国の風物詩「横手のかまくら」をつくる本当の意味 東京都心で雪を観測 2月では4日目 最終更新:2/15(金) 20:05 ウェザーニュ
    | - | 21:29 | comments(0) | - |