CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 生徒に暴行された教諭が学校側を提訴 四條畷市などに賠償求める・・・生徒側にその事情や深い原因があろうとも「暴力の代償」を客観的に示すことも意味があると思うがいかがでしょうか? | main | 入院は数日… 最強がん治療「CAT-T細胞療法」、実用化間近・・・いままで押さえつけていた「何者か」が消えていくのは結構なことです!! >>
育ちすぎて大根ピンチ おいしいのに4分の1廃棄へ・・・本当にもったいない話しです!!
0
    育ちすぎて大根ピンチ おいしいのに4分の1廃棄へ 2/28(木) 17:44配信 テレ朝 news  今シーズンの関東は例年と比べ暖かい冬となっているが、その影響なのだろうか。神奈川県で名物のダイコンが育ちすぎて4分の1を廃棄する事態となっている。  神奈川県三浦市は全国的に有名なダイコンの産地で、出荷量は年間4万トン以上にもなるという。そのダイコンがピンチだ…。年間約50万本のダイコンを作っている地元農家を訪ねた。  川島農園・川島義徳代表:「廃棄しないといけないのは心苦しい」  ダイコンを廃棄とは一体、何が起きているのか…。廃棄していない通常のダイコンと廃棄しているダイコンを比べると、廃棄ダイコンの方が圧倒的に大きい。大きくて味も良し。廃棄する理由が思いあたらないが…。市場の規格は長さ35センチ、重さ1キロ程度。それが今年のダイコンは大きいものだと50センチ、5キロぐらいになるものもあるという。大きく成長しすぎた理由、それは種をまき終えた去年11月以降の天候にあった。11月の三浦の平均気温は14.5度と観測史上4番目に高かった。12月には最高気温22.6度を観測するなど暖かかった。収穫した4分の1を廃棄したという。 【関連記事】 痴漢で逮捕 東大病院の医師を不起訴処分 東京地検 マンションで女性が手足を縛られ死亡 殺人事件か 五輪会場は「完全禁煙」に 夏の大会としては初めて 店長「レジの開け方分からない」 何も取らず男逃走 【全国の天気】雨の心配なし 気温上昇で花粉も増
    | - | 10:53 | comments(0) | - |