CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
RECENT COMMENTS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
OTHERS

小論文なんでも相談室

<< 4月開始「有給休暇の新ルール」の大事な基本--・・・労使双方ともに新たな規制が入りますね。! | main | これがセツブンソウの花です >>
セツブンソウという小さな花が咲いています・・・
0

    先日、兵庫県の丹波青垣へセツブンソウを見に行った人からいただいた写真です。 このセツブンソウは、関西では伊吹山、関東では秩父が有名ですが、最近はかなりマイナーな所も紹介されています。かわいい花ですね。 私が何年か前に伊吹山を訪れたときには、地域の人たちが「もうここを守るにも老齢化で人手が足りなくなっている」と言われていました。手入れをしないと咲いてくれない植物の保守は大変です。入山料や協力金は取るべきだと思います。 以下は ウイキペデイアより引用です ーーーーー−ーーー−ーーーーーー−ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー セツブンソウ(節分草、学名:Eranthis pinnatifida)は、キンポウゲ科セツブンソウ属の多年草[5][6]。漢名には菟葵・莃が当てられるが、中国語では別の植物を指す[7][8]。 特徴[編集] 地下に球状で径0.8-1.5cmの暗褐色をした塊茎があり、下からひげ根を出す。茎は高さ10-30cmになり、その上方に2個の茎葉が無柄で輪生する。茎葉は長さ2-2.5cm、幅3-5.5cmになり、深く羽状に切れ込み、裂片は広線形となる。根出葉は単生し、葉柄は長さ7-15cm、五角状円形で長さ幅ともに1-5cmになり、3全裂し、さらに羽状に欠刻する[5][6][7]。 花期は2-4月。花は茎先に単生し、白色で径2-2.5cmになる。花柄は茎葉から出て長さ0.5-1cmになり、細かい絨毛がある。花弁に見えるのは花弁状の萼片で、ふつう5個あり、広楕円形で長さ1-1.5cm、幅1.5-0.8cmで先端はとがる。花弁は5-10個あり、先端は2裂し、黄色から橙黄色の蜜腺になる。雄蕊は多数あり葯は淡紫色になる。雌蕊は2-5個。果実は袋果となり、種子は径2mmになり、褐色で表面はなめらかである[5][6][7]。 分布と生育環境[編集] 日本固有種[9]。本州(関東地方以西)の特産で、石灰岩地を好む傾向があり、まばらな温帯夏緑林の林内や山すその半影地などに生育する[5][6][7]。 名前の由来[編集] 和名セツブンソウは「節分草」の意で、早春に芽を出し節分の頃に花を咲かせることからこの名がある[6][7]が、屋外での開花は節分より遅い[6]。 種小名 pinnatifida は、「羽状中裂の」の意味[7]。 種の保全状況評価[編集] 準絶滅危惧(NT)(環境省レッドリスト) 2007年8月レッドリストから。以前の環境省レッドデータブックでは絶滅危惧II類(VU) 種の保護等[編集] 可憐な花は人気が高く、現在は、乱獲や自生地の環境破壊によって希少植物になっている。セツブンソウの自生地として有名な場所は、埼玉県小鹿野町、栃木県栃木市(星野の里)、広島県庄原市(総領地域)などがある。

    | - | 10:37 | comments(0) | - |